オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

お金に負けるということ

読了までの目安時間:約 5分

 

 

【 加南本舗 Vol.1445 】

 

 

 

 

 

これからの季節、

家族や友人と

ワイワイ楽しむのに

 

「食べ放題」のお店を

利用することが

あるかもしれませんね。

 

 

その際、テレビの番組でも

よくやっているのですが、

 

 

「元をとる」ということを

意識していませんか?

 

 

 

しかし、

〇〇円の食べ放題で

元をとろうとすると、

 

 

食事本来の「味わう」という

楽しさを放棄して

しまうような気がします。

 

 

もちろん、人数が多かったり、

予算的なことでは重宝します。

 

 

 

ただ、元をとるという考え方が、

『貧乏性的発想』であると

いうことに

気づかなくてはなりません。

 

 

 

 

vargazs / Pixabay

 

 

 

たとえば、

ネットビジネスの高額塾に

これだけのお金を

払ったのだからと

自分にプレッシャーをかけたり、

 

 

 

これだけ払ったのだから

一生懸命学ぶだろうと

期待するのは、

本筋からズレています。

 

 

 

かけるお金の大小によって

目的が達成できるかどうか、

 

元がとれるかということに

自分の意思が

すり替わっている時点で、

 

すでにお金に負けています。

 

 

 

 

さらには、

何かにお金を払うという

決断をするまでが

大変なのであって、

 

 

一旦、お金を払ってしまえば

悩むプロセスは終わってしまい、

 

 

それが何かを後押しする

ことにはならないということに

気づいていないことです。

 

 

 

 

高いツールを買いました。

それだけでもう安心している。

といったことはないでしょうか?

 

 

いつかは元がとれるだろう・・・

お金を払ったことを理由に

目標を達成することはないのです。

 

 

 

買うときはとても迷うのに、

お金を払う痛みが去った後は

忘れてしまう。

 

 

一度手に入れると

次に手に入れたいものに

目移りするのは、

人間の習性なのですが・・・

 

 

 

 

誰ですかぁーっ?

釣った魚に餌を

やらない状態の浮気者は!

 

 

こんなんですよね、人間って。

さぁ、食べ放題、行ってみよっか(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガを読んでみませんか!?

 

 

あなたと一緒に
成長するメールマガジンです。
どうぞお気軽にご登録ください。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: