オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

【好意の原理】で、まず相手に好かれる

読了までの目安時間:約 5分

 

 

 

人との出会い。

 

これって永遠に『不思議さ』があります。

 

 

出会いは偶然じゃなく、必然。

 

よく聞くセリフですね。

 

 

 

私自身は今まで、

 

『出会いには必ず意味がある』

 

と思ったりしてきたのですが、

 

 

ナゾのまま。

 

そんなふうにも思えるのです。

 

 

 

 

 

でも、せっかく出会ったのだから、

 

いい出会いにしたいですよね。

 

 

 

 

 

そんなとき、

 

簡単に人に好かれる方法がありますよ。

 

 

 

 

 

 

それはしぐさや言葉遣いで

 

【相手を真似る】こと。

 

 

 

 

 

 

 

人は自分と似た人を好む傾向があります。

 

相手のとの共通点を何とかして探すことで、

 

好感を得ようとすのは、

 

 

 

 

 

アメリカの社会心理学教授の

 

ロバート・チャルディー二の唱えるところの

 

【好意の原理】と呼ばれるものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なかでも、

 

【相手の言ったことをそのまま オウム返しにする】のは、

 

相手との共通点を探すことで、好意を持ってもらえやすいのです。

 

 

また相手が言ったことをそのまま繰り返すのは、

 

クレームの際に威力を発揮します。

 

 

 

 

 

 

ただ頷くよりも、

 

何度も相手の言うことを繰り返しているうちに、

 

相手は勝手に落ち着いてくれます。

 

 

 

 

 

 

模倣による【好意の原理】は、

 

ファミレスなどで注文を繰り返していることにも

 

当てはまります。

 

 

 

注文の再確認という意味もありますが、

 

その場で繰り返すことによって、

 

好意を持ってもらう意味もあるのです。

 

 

 

 

 

 

 

セールスで大切なのは、

 

【まず相手に好かれること】です。

 

 

 

 

 

 

相手に恩恵を施すのもまたひとつの手なのですが、

 

これはなにも物品や金銭でもなくていいのです。

 

 

 

 

 

【相手を褒める】【真似る】など、

 

相手に好意を持ってもらう働きをする。

 

ぜひあなたのビジネスにも取り入れてみてくださいね。

 

 

ビジネススキル    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: