オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

ご無理なお願いであることは重々承知いたしておりますが・・・

読了までの目安時間:約 6分

 

 

 

【超オススメ】

あなたが勝てるトレーダーに

なるために知っておくべきこと。

こっそり勉強するならこれ、タダです!

 

※詳しくはこちらから

 

 

 

 

 

 

【 加南本舗 Vol.1422 】

 

 

 

 

 

人は関係の深い

身近な相手であるほど、

 

遠慮というものが

薄らいでいきます。

 

 

だからこそ、無理な頼みでも

聞いてもらえるのだという

おごりも生じます。

 

 

そこが説得の場合の

盲点ともなります。

 

 

 

一気に、強引に説得の成果を

得ようとして

 

決裂してしまうリスクとは、

常に背中合わせであることを

忘れてはなりません。

 

 

 

理屈や道理を並べ

相手を屈服させようとしたり、

 

 

あるいは、半脅迫まがいに

同意を迫るといった

強引な手法でなくとも、

 

 

同情や哀れみを誘い、

善意の心を揺さぶり

泣き落とすことも、

 

 

それらがもとで

長年の信頼関係に

ヒビが入ることもあるのです。

 

 

 

また、説得がうまくいったと

言葉の内容を額面通り受け取り、

 

 

相手が言葉で発した内容と

実際の心模様に

 

どれほどのギャップがあるのか、

知ろうとしないことが

 

 

承諾や賛同の効果を

長続きさせない

原因ともなるのです。

 

 

 

そのためにも

充分なフォローが必要だと

心得ておきましょう。

 

 

 

 

 

silviarita / Pixabay

 

 

 

 

 

 

丁寧に感謝を述べるのは

言うまでもありませんが、

 

 

機会あるごとに

賛同してもらったおかげで、

どれだけ助かっているのかの

恩義を述べることが大切です。

 

 

 

せっかく同意を

得たにも関わらず、

 

その後のフォローを

まったくしない例も

よくあるのです。

 

 

 

こうしたフォローをこそが

説得の成就のカギを握り、

 

その効果を長続きさせる

ポイントなのです。

 

 

 

 

1度目のお礼は、

その場での感謝を素直に。

2度目のお礼は、別れた直後に。

3度目のお礼は、次に会った時に。

 

これが心に残る3つのお礼の

タイミングです。

 

 

 

人間関係を良好にする心遣いは

ビジネスにおいても

同じように通用するのです。

 

忘れないでいたいですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガを読んでみませんか!?

 

 

あなたと一緒に
成長するメールマガジンです。
どうぞお気軽にご登録ください。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: