オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

目は口ほどにモノを言うようです

読了までの目安時間:約 4分

 

 

『人は嘘をつく時に右の方を見てしまう』

 

 

ということを、あなたは聞いたことはありませんか?

 

 

【目は口ほどにモノを言う】というように、

 

人間の心理は、【目に最も表れやすい】と言われます。

 

 

 

大半の動作は、「 ~してはいけない」という

 

脳からの伝達によりセーブできますが、

 

目は脳からつながっている器官の中で、

 

唯一露出している器官のため、

 

心理状態が表れやすいのです。

 

だから視線の動きまでは、

 

コントロールしづらいのです。

 

 

 

 

【視線解析】という研究があり、

 

視覚に意識を集中すれば 上を、聴覚に集中すれば 下に

 

過去のことを思い出そうとすれば 左へ、未来なら 右にと

 

視線を動かすということが分かっています。

 

 

 

 

ですから昨日の行動を尋ねられて

 

嘘をつこうとした場合、

 

 

 

視覚的記憶の上に意識がいくのですが、

 

そこに嘘の状況を新たに作ろうとするので、

 

視線は右上になり、

 

それが嘘をつくときの視線の向きと言われる所以なのです。

 

 

 

 

 

この視線の動きをWebサイトに活かせば……

 

ページを読み進めていく時に右に進むのは、

 

どんな情報があるかと、未来を想像するからです。

 

 

 

フォームで何かを申し込む際も

 

修正ボタンと申し込みボタンがある場合、

 

逆だと使い勝手が悪くなります。

 

 

この際は申し込みボタンが右にないと、

 

しっくりしないということなのですね。

 

 

 

ぜひあなたのサイトにも取り入れてみてくださいね。

 

 

 

 

 

一般的に初対面の時に先に目をそらす人は、能動的で、

 

相手より優位に立ちたいという願望を持っています。

 

 

急に視線を外されると、

 

自分のことが気に入らないのかと、

 

あれこれ憶測するようになり、妙に相手に気を遣ってしまい、

 

相手のペースで会話が進んでしまいがちになるのです。

 

 

自分が優位に立ちたければ、先に視線を外してみましょう。

 

 

ビジネススキル    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: