オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

まさか、それで、謙遜!?

読了までの目安時間:約 7分

 

 

【 加南本舗 Vol.1408 】

 

 

 

 

 

あるプロジェクトの

責任者に選ばれた人が、

 

「このような大任は私のような

未熟者には役不足ですが」

 

 

と言ったとしたら、

あなたはどう思うでしょうか?

 

 

 

大役などに抜擢されたとき、

謙遜の意味で用いるのは間違いで、

 

 

『役不足』というのは

そもそも俳優などが、

 

 

自分に振り当てられた役が

軽すぎると不満を抱くこと、

 

 

そこから力量や能力に対して

役が軽すぎるという意味で

使われるものです。

 

 

 

有能な人があまり重要ではない

ポストについて

本来の力を発揮できない

状況のときに、

 

 

それを見た第三者が、

「役不足の感がありますね」

というように使われます。

 

 

 

それに対して

謙遜しているつもりで

「私には役不足ですが」と言えば、

 

 

「私の実力からすれば、

これは軽すぎる。

もっと重要な役目こそふさわしい」

 

と不満を表すことに

なってしまいます。

 

 

 

「私のような者には」と

へりくだるなら、

 

 

「分不相応」という

言葉が適当です。

 

 

 

身分、地位、能力などに

ふさわしくないという意味で、

 

 

自分を卑下することで

相手の顔を立て、

事を荒立てずにすみます。

 

 

 

相手の感情を害さず断るには、

 

「申し訳ありませんが」

 

「せっかくのお心遣いは

ありがたいのですが」

 

「大変心苦しいのですが」などの

 

前置きがあれば丁寧です。

 

 

 

 

Jhonatan_Perez / Pixabay

 

 

 

 

 

また、分不相応として

手軽に使っている感じがする

 

『敷居が高い』という表現。

 

 

 

これはメルマガなどでも

相手を応援するような言葉として、

 

 

「敷居が高いように見えますが

ぜんぜん、大丈夫ですよ」

などと使われているのを見ると、

 

 

「ぜんぜん大丈夫じゃないけど」

と思ってしまいます。

 

 

 

 

この『敷居が高い』という言葉は

誤用ランキングの

ワースト3にも入ると言われ、

 

それほど間違った使い方を

している人が多いのです。

 

 

 

本来の意味は

「不義理や面目のないことがあって、

その人の家へ行きにくい」

というもので、

 

 

 

レベルが高い、

自分には合わないという

意味ではないのです。

 

 

 

ですから、高級そうなお店に対し、

 

「あのお店は敷居が高すぎて

入るのをためらってしてしまう」

 

というのは間違った表現です。

 

 

 

「自分には合わない、難しい」を

表現したいときは、

 

「ハードルが高い」「レベルが高い」

「分不相応」などを

用いるといいでしょう。

 

 

 

もちろん、そんなこと言わず、

どんどん、挑戦してみてくださいね!

 

 

あなたがネットビジネス界で

いつまでもくすぶっているなんて

役不足の感がありますから♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガを読んでみませんか!?

 

 

あなたと一緒に
成長するメールマガジンです。
どうぞお気軽にご登録ください。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

  1. hiro より:

    こんばんは^^
    日本語って難しいですね^^;
    私も使い方を間違っている一人でした⤵
    他のもいろいろと間違った使い方を
    している言葉もあると思います・・・
    これを機に勉強してみたくなりました!
    応援ポチして帰ります!

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: