オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

つまりは、自分を認め、受け入れてほしいから

読了までの目安時間:約 8分

 

 

 

【超オススメ】

高条件の案件が揃う

クローズドASPとの提携が可能!

ただいま無料会員登録募集中!

 

※詳しくはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

【 加南本舗 Vol.1373 】

 

 

 

 

 

会話をしているとき、

相手の話し方のクセが

気になるときってありますよね。

 

 

 

私たちが情報発信をする際にも

つい、使ってしまって

 

マイナスのイメージを

与えてしまう、

 

っていうことにも

なりかねませんので注意が必要です。

 

 

 

たとえば、説明口調になると、

「つまり」と言ってまとめようと

してしまいがちです。

 

 

 

また、話している最中に

この言葉を挟みたがる人は、

かなり理屈っぽい人です。

 

 

 

もともと「つまり」という言葉は

「詰まる」からきていて、

 

会話の最中に話が煮詰まり

先に進みそうにないときに、

 

 

「つまり」と言うことで

一度話を整理して、

 

 

先に進ませようとする

働きがあるのです。

 

 

 

「理屈っぽい」と言えば

印象が悪いですが、

 

 

見方を変えれば

「論理的」な人だとも言えます。

 

 

 

そのせいで

「つまり」をよく使う人には、

 

「頭がよくて論理的な人」という

印象抱いてしまうこともあるのです。

 

 

 

相手に頭のいい人を

アピールしたいときに

使ってみるのもいいですが、

 

 

きちんと要点をまとめきれて

いない場合は、

 

 

単なる「理屈っぽい人」に

なってしまいます。

 

 

 

 

Magnascan / Pixabay

 

 

 

 

また、相手の話を

「つまり」や「「要するに」

などを使って要約するのは、

 

 

相手の話に本当は関心を

寄せていない場合が

ほとんどです。

 

 

そういう態度は相手からも

見抜かれてしまいます。

 

 

 

誰でも自分の話を勝手に要約し、

一般化してほしくないと

思っています。

 

 

丸ごと聞いて、

すべて受け入れてほしいと

思っています。

 

 

自分の言うことは

一般論でまとめることのできない

特別なことだと思っています。

 

 

 

誰もがそんなふうに

思っているのに、

 

 

その話の腰を

「つまり」なんて簡単な言葉で

折られてしまったら・・・

 

 

もう次は話したくない。

そう思われてしまうかも

しれません。

 

 

 

自分の優秀さをアピール

しないではいられない

というのは、

 

 

やはり、そうすることによって

自分を認め、

受け入れてほしいからなのでしょう。

 

 

 

つまり、みんな、認め、

受け入れてほしいのです。

 

あなたも、私も、つまりはね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

まり、

あなたはビジネスで

成功したいんですよね!?

 

 

だったら、これ、

やらなくて、

他に何をするって

言うんですか!?

 

 

つまりね、これ、

最高ですから!!

 

あぁ、ウザイ(笑)

 

 

でもオススメのこれは

ウザイなんて言ってたら

取り残されてしまいますよ!

 

 

だって昨日はあの人も

とうとう無料プレゼント

受け取っちゃったんですから!

 

 

あぁ、ついにあの人も・・・

あなたはどうしますか?

 

 

怒涛の無料プレゼント放出、

1000名様限定です!

 

 

 

※詳しくはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガを読んでみませんか!?

 

 

あなたと一緒に
成長するメールマガジンです。
どうぞお気軽にご登録ください。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

  1. ヨッシー より:

    こんにちは!

    言葉1つで、相手がどう思っているのかわかってしまうんですね。

    つまり。。。会議のまとめのイメージが強くあります。

    会話の中で使うとあまり良い印象にならないということを覚えておきます。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: