オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

無人土星探査機『カッシーニ』に想う・・・

読了までの目安時間:約 7分

 

 

【 加南本舗 Vol.1352 】

 

 

 

 

 

 

 

 

「もうやめたい・・・」

 

 

 

ネットビジネスを一緒に

頑張っている仲間、

 

 

あなたを含めて

ネットビジネスで関わっている

大切な人にそう言われたら、

 

 

 

私は黙ってその人の

したいように、

 

 

簡単に言えば、

引き止めもしないし、

何も言いません。

 

 

 

冷たいようですが、

引き止めて、

何かを言えるほど、

 

 

その人の人生に関わる

責任がとれないから・・・

 

 

 

もちろん、

面倒だからというのでは

ありませんので、

 

 

 

あなたが

辛いから相談してみよう

というのであれば、

 

 

一緒にどうすればいいのかを

考えていきたいと思っています。

 

 

そのときは、

遠慮なく言ってくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

skeeze / Pixabay

 

 

 

 

 

なんで急にそんなことを

言うのかというと、

前々から気になっていたこと、

 

 

 

無人土星探査機『カッシーニ』

日本時間の15日夜、

 

 

土星の大気に突入して燃え尽き、

20年に及んだ任務を終えたからです。

 

 

 

20年ですよ。

すごいですよね。

ひとりの人間が成人するまでです。

 

 

 

 

カッシーニは宇宙空間で

ごみとなるのを防ぐため、

 

 

燃料がなくなる前に、

土星の大気圏に突入して

燃え尽きる計画となっていました。

 

 

 

NASAによると、

カッシーニは姿勢制御が

不能になるまで、

 

 

大気成分などを測定しながら

データを地球へ送信したそうです。

 

 

 

そして土星の上空

約1900キロの大気層に突入、

 

 

日本時間の午後8時55分頃に、

電波が途絶えました。

 

 

 

約14億キロ離れた地球に

届くまでに83分かかることから、

 

 

同7時30分頃に突入、

計画通り燃え尽きたことになります。

 

 

 

 

初の土星探査機として、

謎が多い輪の成り立ちの解明や、

 

 

タイタンとエンセラダスの

両衛星に生命が存在する

可能性を突き止めるなど、

 

 

 

多くの功績を上げたカッシーニ、

燃え尽きて

20年間の任務終了です。

 

 

 

 

カッシーニの

科学チームのリーダー、

リンダ・スピルカー博士は、

 

 

「お別れは本当に悲しいが、

信じがたいほどに

 

すばらしいミッションに

関わることができて

誇りに感じている。

 

 

もしカッシーニに

何か言うとしたら、

 

『土星が間近に見える

特等席をありがとう』と言いたい」

と述べられたそうです。

 

 

 

 

ネットビジネスのすごさを

間近に感じさせてくれて

ありがとう・・・

 

 

そう言われる人間に、

あなたもなってみませんか!?

 

 

 

辛いときこそ、

「もうひと踏ん張り」

 

一緒に頑張っていきましょう。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: