オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

相手と自分を置き換える思考法を身に付ける

読了までの目安時間:約 4分

 

【 加南本舗 Vol.1317 】

 

 

 

 

 

 

 

人は常に自分本位に物事を

考えるものです。

 

 

 

たとえば、

つらいことがあったとき、

 

 

それを親しい友人に

話したところで、

 

 

 

心配はしてくれても

どこか他人事、

という空気があります。

 

 

 

特にその人に

イメージできないことだと、

 

 

その気持ちというのは

わかってもらえにくいのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、可愛がっていた

ペットの死を、

 

 

一度もペットを

飼ったことがない人に

 

 

その悲しみを訴えても、

わかってもらうことが

できないのと同じです。

 

 

 

 

ところが、同じく

ペットを飼っている人なら

 

 

その痛みを

わかってくれるでしょう。

 

 

 

また、ペットを

飼ったことがなくとも、

 

 

「家族同然」と言えば、

理解度はより深まるでしょう。

 

 

 

 

 

このように、

相手に理解を求める際には

 

 

相手がイメージしやすいように

しないと伝わらないのです。

 

 

 

 

他人に起きた不幸や、

あるいは幸せなことは、

 

 

自分の身に置き換えて

考えることができたとき、

 

 

人は初めてその重さを

感じることができるのです。

 

 

 

 

何かを主張する際にも

自分勝手に暴走している

と自覚したときには、

 

 

立場を入れ替えることを

してみるといいでしょう。

 

 

 

主張すべき点は

主張すべきですが、

 

 

無理や、欲張り過ぎて、

何もかも失ってしまっては、

元も子もないのですから。

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

  1. ごんたママ より:

    こんばんは!
    ごんたママです。
    本当に、独りよがりはだめですよね!
    相手の立場に立って考える習慣、大切だと思います。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: