オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

分別のついた大人がたしなむもの!?

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.1311 】

 

 

 

 

 

 

 

今日、ウソを何度つきましたか?

 

 

ウソとは必ずしも

『ウソ=悪』ではないはずなのに、

 

 

私たちは「ウソをつくな」と

教えられて育ちます。

 

 

 

そこには大人の事情というか、

そもそもウソには

 

 

アルコールと同じように

分別のついた大人がたしなむもの。

という意味合いがあり、

 

 

いい飲み方と

悪い飲み方があるように、

 

 

ウソにも

いいウソと悪いウソがある。

 

 

それをわからない子供のうちから

ウソをたしなむのは、

よくないという戒めがあるようです。

 

 

 

 

実際、大人になれば、

 

「部長に一生ついていきます」など

思ってもいないことを

平気で口にしたり、

 

 

浮気をしていても、

「愛しているのは君だけ」と言い、

 

言われた方も真顔で

「私もあなただけを愛しているわ」

 

 

とウソをつくのが

大人の人間関係であり、

 

 

スムーズにするのに必要な

演技力のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが大人になって、

今度は上手にウソをつくことを

要求されているにも関わらず、

 

 

うまくウソのつけない

正直者と言われる人がいます。

 

 

 

浮気をして夜遅く帰宅した際に

「あなた浮気しているでしょう」と

詰問されると、

 

 

目が宙を泳いで動揺がすぐに

顔に表れるようなタイプの人で、

 

 

そうした人は

妻から見れば「安心な夫」

かもしれませんが、

 

 

 

ビジネスの場面では

裏取引や密談など

 

 

「大人の仕事」には

向かないタイプと見られがちです。

 

 

 

そういう相手に本心を

読み取られたくないときは、

 

 

『無表情』を作るようにすれば

「正直者はバカを見る」ということが

なくなるようになります。

 

 

 

 

 

「ワンクリックで」

「1日5分で」

 

 

私たちもよく目にする

おなじみのうたい文句です。

 

 

 

それがウソなのか本当なのか

だけで見れば、

 

 

たぶん、ほとんどの案件が

本当のことを言っているでしょう。

 

 

 

しかしその途中に何があるか、

何が伏せてあるのか、

 

 

というのを考えるのが

ビジネスです。

 

 

 

そこにあなたの「努力」を

入れることができれば、

 

ウソじゃなかった!

 

 

そうなるのがビジネスです。

 

 

 

何もかもウソじゃないし、

何もかもウソかもしれないのです・・・

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

  1. ヨッシー より:

    こんにちは!

    うそも、その時々で必要な時もありますね。
    うその中に隠されたものを見極める力の方が大切だと思います。

    応援完了です。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: