オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

自分自身のイメージを客観的に見れば・・・

読了までの目安時間:約 4分

 

【 加南本舗 Vol.1302 】

 

 

 

 

 

 

 

人は多くの場合、

自分自身の言葉を

 

 

「耳」でははなく、

「頭」で聞いています。

 

 

 

しかし、

スピーチや交渉前の

リハーサルとして

 

 

どんなに頭の中で話した

つもりになっていても、

 

 

実際の場で、

自分の話が耳に入ってくると、

 

 

その違和感に

驚いたりするものです。

 

 

 

そのギャップをなくすために

『鏡』を使います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鏡に向かうと

自分自身のイメージを

客観的に見ることができます。

 

 

 

そしてできれば全身の映る鏡で

姿勢を正して目をつむり、

 

 

自分の中に意欲と決意がみなぎるまで

複式呼吸を繰り返します。

 

 

 

その際に、求めるもの、たとえば、

「私の意見に多くの人が賛成してくれる」

「私のプランがきっと通る」などを

 

自分自身に声を出していい聞かせ、

 

 

その言葉をちゃんと自分の耳で

聞くのです。

 

 

 

 

鏡に向かって、

もうひとりの自分に語りかけると、

自分を冷静に眺めることができます。

 

 

 

それを利用して、一日の反省に

鏡を使うといいかもしれませんね。

 

 

 

鏡の中の自分に、

「今日は百点満点頑張った!」

なんて語りかけると、

 

 

 

・・・70点ですね。

なんて聞こえるかもしれません(笑)

 

 

 

そのときは、

自分に正直に、

もっと頑張りましょう、か。

 

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: