オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

3分間を頑張り、3分で済ませる

読了までの目安時間:約 4分

 

【 加南本舗 Vol.1286 】

 

 

 

 

 

 

 

カップ麺の3分って

ちゃんと待てますか?

 

私はせっかちなので

待てません・・・(笑)

 

 

 

この『3分間』というのは、

カップ麺を作る以外にも

 

 

とても重要な意味を持っている

時間なのです。

 

 

 

それは人が自分の全能力をあげて

ひとつのことに集中できる時間が、

 

およそ3分間だからです。

 

 

 

それ以上長くなると、

 

その道のベテランといえども

意識が拡散してきて、

 

 

思考は堂々巡りに陥る場合が

多くなってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、そんなに集中力を

必要としないケースでも、

 

 

3分を過ぎると、

人間はあきてきます。

 

 

 

これは自分にとっても、

相手にとってもあてはまることで、

 

 

自分が話に集中して

説得力を発揮できるのも3分で、

 

 

相手がそれをまともに受けとめ、

こちらの話に「参加」してくれるのも

3分間なのです。

 

 

 

だとしたら、話すのが苦手な人も、

『3分を頑張る』つもりで集中すれば、

思いも相手側に伝わります。

 

 

 

 

 

3分で済ませられるものは

他にもたくさんあります。

 

 

結婚式のスピーチ、朝礼の訓示、

これらは長くなればなるほど

 

理解や共感の効果は少なくなります。

 

 

 

なかでも部下に対する説教、小言は

短いほど効果的だと言われます。

 

 

 

確認やダメ押しのときの会話も

3分間で終わらせるようにし、

 

 

相手が「わかった」というところで

話を打ち切るのがコツなのです。

 

 

 

話をする際には、

ウルトラマンのアラームを

意識してみましょう。

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

  1. こんにちは!
    人ってそんな短い時間しか集中してないんですね。
    もっと長く、集中できるのかと思っていました。
    3分が勝負ですね。

    応援しました。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: