オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

心を鍛えるシンプルなエクササイズ

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.1248 】

 

 

 

 

 

 

 

私たちは日頃から、

心に思いついたことのどのくらいを

言葉にして表現しているでしょうか。

 

 

 

思ったことをそのまま

表現してしまう子供に対し、

 

 

その場の空気を

壊さないようにだとか、

 

いちいち説明するのが面倒だから

などといった理由で、

 

 

私たち大人は自分の思いを

どんどん表現しなくなっていきます。

 

 

 

しかし、そうやって考えを

表に出さないことが日常化してしまうと、

 

 

「自分の考えは発表する価値がない」

「自分の発言なんて意味がない」

というような、

 

 

自分を否定するプログラムが

心に組み込まれてしまいます。

 

 

 

 

その負のプログラムを壊すには、

 

直感をそのまま言葉にするという

言葉を発する練習が効果的です。

 

 

 

思ったことを言葉にすることは、

 

心を鍛えるシンプルな

エクササイズのひとつなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな、空気も読まずに、

思ったことをそのまま

言葉にするなんて、

 

 

逆に大人としてマズイのでは?

と思ってしまっても、大丈夫です!

 

 

 

このエクササイズの目的は

自分の直感や感情を

ありのままに受け入れることであり、

 

 

 

誰かにそれをそのまま

伝えることではありません。

独り言でOK!なのです。

 

 

 

まずは自分が何を感じているかを

認識することが目的ですから、

 

 

実際にその直感を人に話すか

それともやめるかは、

 

 

もっとあとの段階で

考えればいいことなのです。

 

 

 

 

そうやって思ったことを

言葉にして言うことや、

文字にして書き出してみることは

 

 

私たちの『何かを伝える』という

表現方法を増やすことにも役立ちます。

 

 

 

その際には、

あえて嫌われるような発言を

してみるというのも

ひとつの手です。

 

 

 

もちろん、嫌われるようなというのは

乱暴な言葉遣いや、人を蔑むような

言い回しのことではありません。

 

 

 

少し尖った意外な発言が

チクリと刺さって、

心を揺さぶられる人もいるのです。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: