オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

相手の気持ちを動かすためにすること

読了までの目安時間:約 3分

 

【 加南本舗 Vol.1240 】

 

 

 

 

 

 

 

とかく人は、

自分の欠点には盲目なものです。

 

 

しかし他人の欠点には

よく気づきます。

 

 

 

そして勝ち誇った表情で

指摘という名の

「非難」をしたがるのです。

 

 

 

自分に非があると思っていない人は

 

悪いのは相手だ、だから反省し、

習慣や行いを改なければならない

と信じています。

 

 

 

この思い込みを持ち続ける限り、

 

相手への不満は

解消されることはありません。

 

 

 

 

 

 

 

もし、お天気と同じだと

考えることができたら・・・

 

 

 

相手のことは、

お天気と同じように

コントロールはできませんが、

 

 

天気予報や

実際に空模様を観察したりして

 

 

雨が降りそうであれば、

カサの準備をすることはできます。

 

 

 

こんなふうな準備をするように

相手の状況をきちんと把握して

対応を考えることは、

 

 

自分が望んでいる結果に

近づけることにつながります。

 

 

 

お天気や相手は

コントロールできなくても、

 

自分の対応はコントロールできます。

 

 

 

本当に相手を「どうにかしたい」と

思っているならば、

 

 

まずは自分の方から

自分の非を認めることです。

 

 

 

『私も変わるからあなたも』

というのが正しい人の説得法なのです。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: