オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

自分を充実させるための『自分時間』の確保

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.1232 】

 

 

 

 

 

 

 

次から次へと仕事が押し寄せてくると、

 

それをこなすことだけで

精一杯になってしまう

ということはないでしょうか?

 

 

 

そうすると、

読みたい本も、参加したいセミナーも、

 

 

すべて後回しになってしまう・・・

ということにもなりかねません。

 

 

 

しかし、実力をアップさせたいならば

自分を充実させるための時間、

 

 

『自分時間』をできるだけ

確保することも考えなくてはなりません。

 

 

 

時間は有限であり、

上手にやり繰りする工夫も必要です。

 

 

 

 

また、忙しいといっても

一日の中にはけっこう

すきまの時間があるものです。

 

 

 

通勤時間や、人を待っている時間、

食事の終わった後の昼休みなど、

 

 

何もせずにボーっと

過ごしてはいないでしょうか。

 

 

 

 

この『すきま時間』

利用しない手はありません。

 

 

 

ひとつ、ひとつは小さな時間でも、

資料を読んだり、メール1通を

送ることもできるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、人には一番集中できる

『ベストタイム』という時間帯が

それぞれあります。

 

 

人によっては、出社直後だったり、

あるいは午後からだったり、

 

 

このベストタイムに

もっとも重要な仕事を片付ける

ようにすると、効率がアップします。

 

 

そうすることで自分時間を

作り出すことができるのです。

 

 

 

 

忙しいから時間がとれないのではなく、

 

時間は工夫次第でいくらでも

ひねり出せるものだと認識して、

 

 

そこで得た時間で

自分自身を充実させていくことを

考えてみましょう。

 

 

 

 

時間管理のうまい人は、

時間を『量』で考えることができます。

 

 

逆に下手な人は、

どうしても、点から点、『数値』

として考えてしまいます。

 

 

 

すきま時間も同じなのです。

 

たとえば、

11時50分から12時までの間、

 

 

点と点を結んだだけで考えたら

この時間に何ができるかなんて

思いつきません。

 

 

 

しかし、量で考えるからこそ、

 

これを『保存して、蓄えて』使おう

という発想ができるのです。

 

 

 

時間にも、

『ちりも積もれば山となる』という

考え方が必要なようです。

 

 

あなたの自分時間、大切にしてください。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: