オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

少しは怠けてしまうこともある自分を認める

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.1220 】

 

 

 

 

 

 

 

長かったGWも今日で終わり

という人も多いようで、

 

 

「明日からまた仕事」だと

夕方からため息がこだまして、

 

 

日本中が憂うつ色の

「どんより」した空気に

包まれている・・・

 

 

 

と思ったら、

どうやら「黄砂」のようです。

 

 

昨日、中国地方を中心に黄砂が

今年初めて観測されました。

 

 

初観測で5月になったのは

統計開始以来、

もっとも遅い記録だそうです。

 

 

そして今日は全国的に飛来が

予想されていたということで、

 

 

この「どんより」が

あなたの心を映していたのでは

なかったことを祈っています・・・

 

 

 

 

長いお休みがあれば

少しくらいは羽を伸ばしたい、

 

 

そう思ってゆっくりも

したくなるのが人情です。

 

 

 

そこでせっかく続けてきたことも

途切れてしまう・・・

 

 

そう、『継続は力なり』が

中断したことへの不安が

あとから押し寄せてきます。

 

 

 

 

しかし、実は

『継続は力なり』には

誤解もあるのです。

 

 

なぜなら、その立派な心構えは

途中で挫折してしまう可能性が

高いからです。

 

 

 

挫折してしまう理由は、

力を注ぐ先に問題があるからです。

 

 

何事も、

続けることに力を注ぐのではなく、

 

 

『習慣にすること』に

力を注がなくてはならないのです。

 

 

 

続けることを目標としていたら、

いつまでも精神力に

頼らなければなりません。

 

 

 

ところが、習慣になってしまえば

気合や根性といったものは必要なく、

習慣としてラクに継続できるのです。

 

 

 

 

 

 

 

そしてできない自分を

責める必要もありません。

 

 

 

子供を育てる際には、

『ほめて伸ばせ』とよく言われます。

 

 

「お前はここがダメだ」と

否定ばかり繰り返していたら、

その子は伸びません。

 

それと同じことなのです。

 

 

 

私たちも心の中に

『自分という子供』を育てている

ような気持ちになって、

 

 

 

否定語を使わず、

少しは怠けてしまうこともある

自分を認め、

 

 

自己否定による思考停止を

避けるようにします。

 

 

 

私たちの心は

「どうせ自分は〇〇だから」と、

 

 

自己否定した瞬間から思考停止の

カギがかかってしまいます。

 

 

自己否定とは、たちの悪い

思考停止のスイッチなのです。

 

 

 

そういう場合は

自分で自分にプラスのエネルギーを

チャージするように、

 

 

「よくやったよ、自分」というふうに

自分で自分を励ましてみましょう。

 

 

 

心の中の『自分という子供』が、

グンといい方向に伸びるはずです。

 

 

さぁ、前を向いて頑張りましょう!

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: