オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

たとえば、まだ1円も稼いでいなかったら

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.1214 】

 

 

 

 

 

 

 

ウソはついてはいけません。

 

生活のあらゆるシーンで

私たちはそのことを

意識しています。

 

 

しかし、守ったりはしません。

ウソがそのまま通ることも

たくさんあるからです。

 

 

けれども完全に

NGな場合もあります。

 

 

 

たとえば、

まだ1円も稼いでいなかったら、

 

 

5000円稼いだ話は

ウソになるからできませんが、

 

 

5000円稼ぐためにしていること

だったら話すことができる

ということです。

 

 

 

ですから、

たとえ今は1円も稼いでいなくても、

 

 

稼ぎ方としての

情報発信はできるのです。

 

 

 

 

また、0なのに1として

話すことはNGですが、

 

 

1のことを10に

盛って話すのはOKです。

 

 

 

切り口を変えるのは

ウソをついたことになりません。

 

 

事実を曲げることが

ウソにつながるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たとえば、

料理がおいしくないのに

おいしいと言えばウソです。

 

 

 

ところが、

おいしいと思ったものを

 

 

「天地がひっくり返るくらいの美味!」

と大げさに言っても、

 

 

そのことが悪い感情に

つながることはありません。

 

 

 

 

たとえそれが0.1しか

突出したところがなくても、

 

 

それを10にして

伝えてあげられるのが

表現のうまい人です。

 

 

 

 

そしてどうしても

ウソをつかなければならない場合、

 

『黙秘権』があります。

 

 

 

黙っていればいいのです。

 

方便としてウソをつくよりかは

ずっとラクなテクニックです。

 

 

 

 

料理もマズかったら・・・

 

「全部おいしかったです」

などと言わずに、

 

ただ黙っていればいいのです。

 

 

 

 

そっちの方が拷問?(笑)

やっぱり奥さまや恋人には

「最高においしい!」

 

 

なんて、

ついつい言っちゃいますもんね。

 

 

でも、きっとバレています。

 

そのくらいだったら、

「全部、おいしい!」ではなく、

 

ひとつに絞ってほめてあげましょう。

 

 

 

0.1を見抜くのも愛情です。

すべてビジネスに応用できますよ。

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: