オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

記憶力の低下を補う『復習』と『構成』の効果

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.1155 】

 

 

 

 

 

 

 

ンチエイジング

というものがあります。

 

 

「いつまでも々しく」

 

加齢による身体の機能的な

衰え(老化)を可能な限り

小さくすることです。

 

 

 

老化というと

ちょっとアレなんで(笑)

 

魔法をかけているかのように美しい、

魔女」の方を目指しています!

と言っておきますね(笑)

 

 

 

 

その老化の敵というのが

『サビ』で、身体と同じく、

『脳』にも影響を及ぼします。

 

 

最大の要因は、

 

新鮮な好奇心を抱き続けることが

できないからではないかと

言われています。

 

 

 

確かに好奇心旺盛で

何にでも関心を持って

 

吸収しようとしている人は、

生き生きとしていますよね。

 

 

 

若々しさの差というのは、

そういうことや努力に

表れるのかもしれません。

 

 

もちろん、

自然に受け入れることも

『美』だと思っています。

 

 

ただ、できれば

キープはしたいですよね。

抗うことなく・・・(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

キープという面では、

ネットビジネスを勉強している

私たちにとっては

 

新しいことに出会うことも多く、

 

 

肝心な『記憶力』も年齢と共に

衰えていくものの代表格です。

 

 

 

覚えておきたいことや、

この方法は使える!

などと思ったことは、

 

 

誰かに聞かせることで

『記憶力』の低下を

補うことができます。

 

 

 

その行為には

第一に『復習』の効果があり、

第二に『構成』の効果があります。

 

 

 

 

人に何かを伝えるためには、

ポイントを押さえて筋道立てて

話さなければなりません。

 

 

人に伝わりやすいということは、

自分も覚えやすいということで、

 

 

インプットしておくのに

便利な構成に組み替えることが

できるということなのです。

 

 

 

 

学習とは、観察すること、

やってみること、

 

そして誰かに教えることから

成り立っています。

 

 

 

人に伝えたり、教えたり

することはひとつの体験です。

 

 

そのような体験を通して

記憶することを、

『エピソード記憶』と言います。

 

 

 

 

まだ老化なんて関係ないという

あなたでも、

 

知識は知恵とは異なります。

 

 

 

活用しなければ

部屋の隅に積まれた本のような

集めただけの情報でしかありません。

 

 

 

『知識の量』は『考える力』に

比例しません。

 

 

 

好奇心や感性を失わず、

どんなことにでも素直に感動して

新鮮な気持ちで取り組むこと、

 

 

日々の暮らしでこそ感性を磨き、

サビない頭でいましょう!

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: