オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

商品としての自分の立ち位置

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.1152】

 

 

 

 

 

 

 

自分の商品価値がいくらか、

あなたは考えたことがありますか?

 

 

 

積極的に打って出ているときでも、

いったん引いて出直すときでも、

 

 

今の自分がどういうポジション

にいるかを知っておくのは

大切なことです。

 

 

 

一気にいっても大丈夫だとか、

もうしばらくは様子をみよう

などと、ある程度は

勘に頼ることもあるでしょうが、

 

 

 

それはおおむね経験によるもの、

客観的判断が

リスクを避け、賢い選択を

とるための手段となるはずです。

 

 

 

そこには己を過信することなく

主観を捨てて、

 

 

自分を一種の商品のように

冷静に観察する力が

必要になってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分はどんなふうに振る舞えば

受け入れてもらえるのか、

 

 

自分という商品を

客観的な価値で考えれば、

 

今とりうる手段も見えてきます。

 

 

市場において

自分を売るということが

できるようになるのです。

 

 

 

もちろん、

あなたが望んでいるポジション

というものがあるでしょうし、

 

 

それが今、やらなくてはならない、

期待されていることと

完全に一致するとは限らないでしょう。

 

 

 

そこで期待に沿えなければ

そっぽを向かれてしまいます。

 

 

だからこそ自分のポジションを

知ったうえで

 

 

自分のプランのようなものを

頭に描いていかなければ

ならないのです。

 

 

 

 

 

仕事をするということは、

市場の目にさらされている

ということでもあります。

 

 

 

それぞれのポジションにいる人を

それぞれの人が見ながら、

 

 

期待したり利用したり

しているのです。

 

 

 

私たちは

商品としての自分の立ち位置を

正しく理解し、

 

 

自分の売り方というものを

考えていかなければなりません。

 

 

 

そのためには自分というものを

客観的にとらえ、

 

 

冷静な目で戦略を練らなければ

ならないのです。

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: