オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

相手の心を開かせる魔法の言葉

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.1145】

 

 

 

 

 

 

 

交渉成立のキーワードは

『イエス!』

 

これはまた、相手の心を開かせる

魔法の言葉でもあります。

 

 

 

相手に「イエス」と言わせる機会を

なるべく多く作り、自分自身も

 

 

「ハイ、同感です」

「ハイ、おっしゃる通りですね」

 

 

などと、可能な限りの「イエス」を

相手から得るように心がけます。

 

 

 

 

このテクニックを、

ある政治家が演説の際に使いました。

 

 

「あなたの言っていることは

非現実的だ!」というヤジに、

 

 

「私が提案している予算案では

5年以内の赤字解消は

無理だということですか?」

と応じたのです。

 

 

 

するとヤジを飛ばした相手は、

「そうだ(イエス)その通りだ」

と答えました。

 

 

 

その瞬間から話し手と聞き手は

それまでの敵対的な論争から、

 

 

理想的な対話ができる関係へと

変化し始めます。

 

 

 

相手から「イエス」を

ひとつ引き出すたびに、

 

 

両者の緊張は和らいでいき、

相手との同意点を見出すことが

できるようになるのです。

 

 

 

 

交渉としてのゲームが

うまくいくかどうかは相手との

 

この『再構築』がうまくいくか

どうかにかかっているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたはメルマガを書いていて、

「何でクリックしてくれないのだろう」

と思ったりしませか?

 

 

 

それはまさしくあなたが交渉を投げかけ、

それに読み手がどう反応するか、

 

関係を構築できるかということなのです。

 

 

 

あなたはクリックさせることだけを

考えていませんか?

 

気持ちはちゃんと

寄り添っているでしょうか・・・?

 

 

 

 

 

偉大なるホームラン打者、

王貞治氏のバッティングの秘訣は

 

 

常に相手を『パートナー』と

見なしていたところにあるそうです。

 

 

なぜなら、

投手がボールを投げかけてくれて

はじめて打ち返すことができる、

 

 

敵意をむき出しにして、

力の限りに投げ込んでくる投手は、

 

打者である彼にとっては

敵ではない、

 

 

ホームランを打つ機会を与えてくれる

『協力者』なのだ・・・

 

 

あなたも「世界の王さん」のように、

したたかな交渉相手を、

『パートナー』と見なせばいいのです。

 

 

 

私?

とっくに、あなたは私の

大切なパートナーさまですよ!(笑)

 

・・・ホントです。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: