オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

『知らなさ』に気づくということ

読了までの目安時間:約 5分

 

 

【 加南本舗 Vol.1126 】

 

 

 

 

 

 

 

ネットビジネスをするようになって、

『考える』ということを

 

よくするようになった

ということはないでしょうか?

 

 

 

今までだったらルーティンワーク

のように慣れた仕事だったものから、

 

 

未知のネットビジネスを始めたら

いろんなわからないことに

ぶつかったはずです。

 

 

そこで、考える・・・

 

 

その『考える力』の土台になる

能力として、もっとも重要なのは

 

 

「自分はわかっていない」という

事実を認識できることです。

 

 

 

『知らなさ』に気づくことこそ

とても重要なことなのです。

 

 

 

なぜなら、

人は年齢とともに経験を積むと、

 

「自分はいろんなことが

わかっている」と誤解をします。

 

 

 

するとその時点で『考える』

という行為そのものがスタート

しなくなって、

 

考えない習慣ができてしまうのです。

 

 

 

素直に「わかりません」と言うことが

勇気のいることであったり、

難しい場面のときもあるでしょう。

 

 

 

しかしそこで一瞬の「知ったかぶり」

をしてしまうことによって、

 

 

調べてみようというきっかけを失い、

さらには「教えてもらう」ことまで

放棄してしまうことになるのです。

 

 

 

そうなれば、

何か新しい発想を生み出すことなど

ほとんどなくなってしまうでしょう。

 

 

 

わからないことは、

わからないでいいのです。

 

 

わからないから、

『考える』ということをする。

 

 

 

その結果が

パソコンで検索してみる

ことだったり、

 

人に教えてもらう

ことだったりするわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方、もしあなたが

日々、ネットビジネスの

作業に追われているのに

 

成果が出ないのであれば、

 

 

 

それはあなたが積極的に

「成果の出ないやり方」を

しているからかもしれません。

 

 

 

的外れな仕事は

『考える』というプロセスが

抜けているか、

 

『考える』というポイントが

ずれている時に発生します。

 

 

 

『考える』ことには

いろいろな角度がある

 

 

ということもまた、

忘れてはならないのです。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: