オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

ルールはいらないときもあるのです

読了までの目安時間:約 7分

 

【 加南本舗 Vol.1117 】

 

 

 

 

 

 

 

情報があふれる現代、

その情報をいかに整理するかで

仕事の効率も変わってきます。

 

 

 

しかし、その情報整理だけが目的となり、

 

整理術を極めるだけの

情報整理マニアになってしまえば、

 

 

物事の根本的なことと、

そうでないことを

取り違えてしまったことになります。

 

 

 

 

とは言っても、

最低限の情報整理というものは

身につけておきたいですよね。

 

 

机のスペースというのは

当然、限界があります。

 

 

 

そのため、書類や資料を

タテに積み上げていませんか?

 

 

 

もし、

それがすべて必要なものだとすると、

 

いつかは「引き出す」という

行為が必要になってきます。

 

 

 

おー、「書類版ジェンガ」の登場です!

書類の山を崩さないように

目的の書類を引き出す・・・

 

あるいは「だるま落とし」の要領で

スパーンと書類をはじき飛ばすか・・・

 

(「ジェンガ」も「だるま落とし」も

直接の動作をともなうゲームです)

 

 

 

どうやっても、書類の層を

手作業で掘り起こすという

作業が必要になってきます。

 

 

そしてどの層に埋もれているか

わからないため、発掘作業は

困難をきわめることになるのです。

 

 

 

ゲームとしてスリルを

楽しみたいなら、

 

単純にゲームをした方が

もっと楽しそうですし、

 

発掘するなら、

恐竜の骨か金やダイヤなどを

掘り起こしたいものです。

 

 

 

だから、この問題は

簡単な整理法で

解決してしまいましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それはいたってシンプルな方法、

ただ、タテのものを

ヨコにすればいいだけです。

 

 

 

そして右から

「時系列」で並べていけば、

 

 

発掘作業がいらなくなるばかりか、

選び出す苦労もしなくてすみます。

 

 

 

この際も、

本やCDを著者別や歌手別に

分類するようなこだわりのような

 

何か特別な分類法で

整理しようとすれば、

 

かえってその区分けに

頭を悩ますことになってしまいます。

 

 

 

 

何が重要かは、

『日ごとに変わる』ものです。

 

 

そこに「ルール」を作ってしまえば、

整理マニアと

変わらなくなってしまいます。

 

 

だからこそシンプルに時系列で

右から順番に並べるだけでいいのです。

 

 

 

また、ヨコに並べれば

そのスペースは

およそ50センチ幅くらいという

制約が生まれます。

 

 

 

それは左に新しい書類が加わるごとに

右の端から一番古い書類が

押し出されるという仕組みで、

 

 

つまりは、『処分』という意味の

整理術も同時にかねているわけです。

 

 

 

そして左端の書類を最終的に

捨てるかどうか迷った際には

 

捨てることを選びます。

 

 

 

整理とは

捨てるか捨てないか迷うものを、

 

スパッと捨てることです。

 

 

 

 

ものを捨てることによって、

新しいエネルギーが生まれます。

 

 

きれいになった机は、

あなたの心まで

クリーンにしてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとしたことで

人生はよりよく生きやすくなります。

 

 

では読書スピードが

今より10倍速くなると、

どうなると思いますか!?

 

 

 

劇的に、あなたの人生が変わります・・・

 

 

 

 

※画像をクリックしてお進みください。

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: