オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

仕事の成果を気にする責任感の強いあなただから

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.1098 】

 

 

 

 

 

 

 

いつまでやっても

同じ仕事に追われている。

やってもやっても、仕事がわいてくる。

 

そして結局、毎日バタバタして

気がつくと外が暗くなっている・・・

 

 

 

今年こそは

そういう働き方を見直しませんか!?

 

 

 

そのためにも、

仕事を先送りしてしまう原因にもなる

 

 

とで」をやめましょう。

 

 

 

その場で終わらせればよいことにも、

 

「あとで報告します」

「○日の○時までに送ります」

などと安易に使ってはいませんか?

 

 

 

仕事はその場で完結することが必要です。

 

「あとで」は時間の余っている人だけが

使えるセリフです。

 

 

 

 

 

持ち越した仕事には「利子」が付きます。

 

当然、仕事を持ち越した本人には

「仕事を抱える」という

 

望まない利子がたっぷりと付き、

 

 

 

お客様である相手には

「待つ」という負担の利子が発生し、

それは決していい結果を生みません。

 

 

 

仕事のキャパシティや時間には

限りがあります。

 

 

 

先送りされた仕事は

どんどん溜まっていき、

 

 

次第に「成果を生まない仕事」

に変わっていきます。

 

 

 

受けた仕事は後回しにしないで

一気に片付けるようにしなければ、

 

 

仕事の限界を超えて

引き受けてしまうことになるのです。

 

 

 

ただ、そうしてしまうのは、

仕事のできない人だから

ではありません。

 

 

 

逆に、責任感が強く、

仕事の成果を出したいという

強い気持ちがそうさせているのです。

 

 

 

しかしそれこそが

仕事を先送りする原因であり、

 

 

利子を払いながら仕事をしていると

気づかなくてはなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たとえば、メールの内容であれば、

その場で判断できるものが

ほとんどのはずです。

 

 

後回しにせず、届いた瞬間に

集中力を持って対応すると、

 

 

 

相手からの「はやっ!」や、

「迅速な対応ありがとうございます」

 

といった反応が、快感に変わります。

 

 

 

 

会議でいえば、終了直後に

「即席メモですがご確認ください」

 

と議事録を送信してしまえば、

かかる時間は数分です。

 

 

 

しかしこれを翌日まで持ち越すと

状況は一変します。

 

 

議事録も資料も体裁の整った

美しいものが求められますし、

 

 

場合によっては改めて資料説明の

ためのスケジュール調整まで

発生するかもしれません。

 

 

 

すぐやれば1~2分で済んだことが、

数倍の時間をかけることに

なってしまう可能性もあるのです。

 

 

 

 

そのためにも、

『今、仕事を片付けるにはどうするか』

 

 

という考えを常に持ち、

不要な利子を生まない努力が必要なのです。

 

 

 

今年は通帳の利子だけを、

増やすことに注力していきましょう!

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: