オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

自分の立てた計画には『外部からの強制力』

読了までの目安時間:約 8分

 

【 加南本舗 Vol.1082 】

 

 

 

 

 

 

 

「今週末は、いよいよ・・・」

 

 

イヴやクリスマスの予定は

もう入っていますか?

 

 

そんな直前に確認しなくとも

1年前から予約済み?

 

 

そうですよね。

当日に、来年も、再来年もって、

予約するのが「愛」ですよね!

 

 

 

確かにそういうイベントには

しっかり予約が入っている

あなたでも、

 

 

普段のお休みの日はどうでしょうか?

 

ひょっとして、ソファーに寝そべって

ゴロゴロなんてしていませんか?

 

 

 

お休みの日ではなくとも

仕事を終えて自宅でくつろぐことが、

 

 

そのままテレビをだらだらと

見ているってことはないでしょうか?

 

 

パソコンを立ち上げたとしても、

ネットサーフィンを延々としていたり・・・

 

 

 

こうした状況に共通するのは、

『やるべきことがない』という状態です。

 

 

 

 

緊急のやるべきことがないから、

人は時間を無駄にしてしまうのです。

 

 

 

 

そのため、賢いあなたは

予定をきちんと立てて、

 

 

日々の作業に取り掛かって

いらっしゃるかもしれませんね。

 

 

 

予定が入っていれば、

だらだらすることはありません。

 

 

 

逆に言えば、

だらだらする時間をなくすために

予定を立てているのかもしれません。

 

 

 

 

とはいえ、なぜか

計画倒れになりがち・・・

 

 

その度に、

「自分はなんて意志が弱いんだ」

と自分を責めたこともあったでしょう。

 

 

 

しかし、考えてみれば

これは当然の話で、

 

 

自分の立てた計画には、

『外部からの強制力』が働かないので

すぐに挫折してしまうのです。

 

 

 

 

そこでオススメなのが、

予定はなるべく『人と一緒』

やるようにするのです。

 

 

 

仕事以外にも運動や食事、

趣味に至るまで、あらゆる予定に

人を絡めるようにするのです。

 

 

 

すると、

人との予定は『約束』になります。

 

計画倒れを防ぐ、

外部からの強制力になります。

 

 

どんな人でも、約束をしたからには

それを守ろうとしますよね。

 

 

 

いまさらクリスマスのディナーを

取りやめるなんて、

死んでもできそうにありませんよね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人との予定というのは

『誘われてから埋まるもの』と

考えがちですが、

 

 

外部からの強制力を作る場合は、

積極的に自分から誘っていきましょう。

 

 

 

 

そしてこれは非常に大切なことですが、

人を絡めることに、

自分の利益だけを考えてはいけません。

 

 

 

相手にも貴重な時間を

割いてもらうのですから、

 

 

 

こちらからも有益な情報なり、

刺激なりを提供できるよう

心がける必要があります。

 

 

 

 

相手を利用することばかり考え

何も与えることがなかったら、

 

 

約束を受け入れてくれた

せっかくの『仲間』も離れていきます。

 

 

 

 

 

さて、あなたは誰と、

どんな『約束』をするのでしょうか?

 

「嘘ついたら、針千本、飲ま~す!」(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

読書だって一緒にできます♪

しかもただの読み物ではありませんよ。

 

 

 

全世界で200万人以上の

起業家に影響を与えた

 

 

インターネットマーケティングの

専門家が、ついにその秘密を公開!!

 

 

この秘密を知るために、

Google、Yahoo!、

マイクロソフトなどの

一流IT企業がアドバイスを求めたのです!

 

 

 

あっ、定価は今のところタダ!

 

ただの読み物じゃないけど、

タダなんです。

 

さぶいオヤジギャグ・・・みたいなの、

すみません(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

インターネットビジネス「マニフェスト」

 

※送料550円のみご負担ください。

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: