オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

最終的に自分自身にかける言葉なら

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.1066 】

 

 

 

 

 

 

 

目標は「達成できた」か、

「達成できなかった」かの

2つに1つしかありません。

 

 

 

「目標は達成できなかったけど、

一生懸命頑張ったので充実しています」

などというのは、

 

社会に出たら評価の対象にはなりません。

 

 

 

目標を達成するというのは

できる限りの努力で、

 

 

それに向かっていくというのが

あるべき姿で、その努力の量を

 

自分で決められるものでもないのです。

 

 

 

ただ一方で、

現実のビジネスには「無理難題」

というものも常にあります。

 

 

 

交渉などは相手があることですので、

必ずしも自分の思い通りに

いかない場合もあるでしょう。

 

 

あるいは、目の前に大きな壁が

立ちはだかることだって・・・

 

 

 

最大限の努力をしても

うまくいかなければ、

焦りだけが募ってしまいます。

 

 

 

 

 

そんなときには

『成るようにしかならない』と、

 

 

気持ちを切り替えてみるのも

ひとつの方法です。

 

 

 

 

また、いったんその問題から

距離を置いてみるなど、

頭をリセットすると、

 

 

 

思わぬところで名案がひらめいたりして

急いで出した中途半端な答えより、

ずっと有効な解決策になったりします。

 

 

 

 

 

注意したいのは、

「もうダメだ」と諦めないことです。

 

 

 

『成るようにしかならない』

と思っていれば、

 

 

難問も成功への過程のひとつと

みなすことができますし、

プレッシャーも少なくなるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最終的に自分自身にかける言葉なら、

自分に都合よく、

 

 

『成るようにしかならない』

と言ってもいいはずです。

 

 

 

人間、やれることしかできません。

 

 

むしろ、そう思えるところまで

到達した努力があれば、

 

 

「やりきった」という

思いもわいてきて、

 

次の自信へとつながるはずです。

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

  1. こんにちは^^
    エンタメです。

    人は基本怠け者。
    でも、だからこそ成果を出すには、
    ストイックになるべきだし、
    実践重視で取り組むべきだよね。

    未来を変えるにはほんと今の行動量で決まるので、
    いかに今を全力で変えるかで少し先の未来も変わる。

    今後共宜しくお願いします。

    エンタメ

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: