オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

押しつけ感をさらりと消して納得させるには

読了までの目安時間:約 4分

 

 

【 加南本舗 Vol.1047 】

 

 

 

 

 

 

 

渉事では

自分の要求を相手に伝え、

それを通していかなければなりません。

 

 

 

しかし自分の要求を

相手に強く主張することに、

惑ってしまうことはないでしょうか?

 

 

 

 

その場合に使えるのが、

【質問】のテクニックです。

 

 

 

質問は相手に答えを求める行為です。

 

しかし質問の形をとっているのに、

相手に要求することができるのです。

 

 

 

しかも質問の形をとっているので、

要求しているように見えないのです。

 

 

 

たとえば、価格交渉の場合、

 

 

「仮に価格でご満足いただけたら、

ご購入いただけるということで

よろしいですか?」

 

 

「価格については他社よりも安くできれば、

問題はないことになるのでしょうか?」

 

 

「保証期間の点は合意したということで、

あとは価格ですが、

価格以外にご不満な点はございますか?」

 

 

 

などと、要求は相手に強引に

押しつけるだけが方法ではありません。

 

 

強く主張できなければ、

質問でさりげなく要求を通すのも

ひとつの手です。

 

 

 

 

geralt / Pixabay

 

 

 

 

強気な人の強引な交渉は

無理矢理押しつけられる感じがして

相手は不愉快になりますが、

 

 

 

質問は押しつけ感がなく、

相手は自分で決断したような

気分になり、納得しやすくなるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

質問の形をとり入れた取り引きは

子供の頃から慣れっこで・・・

 

 

 

「テストの点がよかったら、

○○買ってくれる?」

 

あなたも一度は経験があるのでは?

 

 

 

 

私もバンバン使っていましたが、

予想に反して実現しなかったのは

 

 

テストの点数が、

想定外だったからでしょうか・・・

 

 

 

 

 

メルマガが面白かったら

この先もずっと読んでくださいますか?

 

 

謙虚にこちらの要求を、

質問してみます(笑)

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: