オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

人生で成功をおさめるために高い知能指数を持つよりは

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.1039 】

 

 

 

 

 

 

 

並外れた才能の持ち主を

天才と呼びます。

 

 

 

モーツァルトは6歳で

3つの楽器を弾きこなし、

 

 

ゲーテは8歳で素晴らしい詩を

作ったと言われています。

 

 

 

 

その天才は知能検査で

【IQ】130以上と規定されています。

 

 

 

これに基づいて

天才と呼ばれる主な歴史上の人物の

【IQ】を推定したものによると、

 

 

 

ーツァルト 165

ーテ 210

ュートン 190

インシュタイン 160

ポレオン 145

トラー 141

 

 

などとなるそうですが、

 

 

この知能検査の特徴は、

知能の程度を【IQ】(知能指数)で

あらわしたことです。

 

 

 

標準値は100ですが、

130を超えると天才(東大生平均 120)

69以下だと精神停滞と判断されます。

 

 

 

ただし知能検査は

あくまでも発達の度合い

知るための指標であり、

 

 

頭の良し悪しを

測定するものではありません。

 

 

 

それに子供の頃に知能指数が

高かったとしても、

 

 

大人になっても同じとは

限らないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、人間が幸福な生活を

送るためには

 

 

心の豊かさも必要であるという

考えに基づいて、【EQ】(感情指数)

心の知能指数と言われるものもあります。

 

 

 

相手の気持ちをくみ取り、

人間関係を円滑に進める能力のことで、

 

 

人生で成功をおさめるためには

高い知能指数を持つより、

 

 

この感情指数の高さが

必要になってきます。

 

 

 

 

 

実際、相手の感情に訴えかけない限り、

メッセージは説得力に欠けます。

 

 

 

複数の研究によると、

人々の決定の90パーセントまでが

 

 

感情に根ざしているという

結果が出ています。

 

 

 

この種の感情は、何かを買ったり、

確信したりするときにも

見受けられます。

 

 

 

たとえば、何足も靴を持っているので

新たに靴を買うのは

 

 

論理的には不必要だとわかっていても、

感情的にはもう一足買いたくなる・・・

 

 

 

 

感情は常に論理に勝り、

想像力は常に現実に勝るということです。

 

 

 

 

 

 

 

・・・確かに!

いろいろ想像しちゃいますね。

「あのブーツは絶対、私にしか似合わない!」

とかね。(笑)

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: