オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

1日24時間に1時間プラスした気分になれる方法

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.1012 】

 

 

 

 

 

 

 

三連休、楽しまれましたか?

 

日頃の睡眠不足を補うために

朝寝坊をした、

なんてこともあったかもしれませんね。

 

 

 

一般的に朝型人間は、夜型人間に比べて

 

仕事の能率が高いと言われます。

 

 

 

 

 

マイクロソフトを率いる

世界的有名人ビル・ゲイツ氏も

 

 

 

自らの成功の秘訣を、

「人よりちょっと早起きしただけだ」

と言っています。

 

 

朝、早起きすることを

生活のモットーとしていたのです。

 

 

 

早起きの習慣は

心穏やかに一日を過ごすためにも

とてもいいことのようです。

 

 

 

人よりも早く、今日一日を始める。

 

それだけで何だかとても

得した気持ちになります。

 

 

 

1時間早く起きると

1日の時間、24時間に

 

 

1時間プラスして過ごせるような

気がしてきます。

 

 

 

そしてその1時間を使って

実にさまざまなことができるのです。

 

 

 

日中は雑事に追われて

できなかったことが、

 

 

早起きしたたった1時間の間に

片付くことだってあるのです。

 

 

 

そうすれば

今までは時間に追われていたことが、

 

 

時間を先取りする生活へと

転換することができるようになります。

 

 

 

これが心に無用なストレスを

ためないコツでもあります。

 

 

 

ただ、どうしても

早起きできない場合でも、

 

 

普段よりは1時間早めに起きる

ということでも効果的があります。

 

 

 

普段の生活では難しかったら

お休みの日に寝坊するのではなく、

 

 

あえて早起きに充てる

というのもいいかもしれませんね。

 

 

連休が終わってから言うな?

ですか?(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、そんな早起きのことを、

ことわざで『早起きは三文の徳』

と言いますが、

 

 

 

その「三文」とは一文銭三枚のことで

「ごくわずかな」という意味です。

 

 

 

わずか三文だとしても、

得るものがあるということで、

 

 

そこからビル・ゲイツ氏などの成功者は

自分の時間というものを

濃いものにしたのでしょうね。

 

 

 

 

その三文、現代のお金に換算すると

一文30円くらいで、約90円!

 

 

「なぁ~んだ、缶コーヒーも買えない」

と思うのか、

『塵も積もれば山となる』と思うのか・・・

 

 

 

明日の朝、

布団の中で考えてみてはいかがでしょう。

 

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: