オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

それ以上は反発されない心の武装解除の方法

読了までの目安時間:約 4分

 

【加南本舗 Vol.995】

 

 

 

 

 

 

 

人は自分の主張が受け入れられるか、

拒否されるかという点に、

 

大きな関心を持っています。

 

 

 

だから「あなたは間違っています」

と言われると、その相手に対して

 

心の中で武装して防御体勢を取ります。

 

 

逆に「その通りですね」と同意されると、

安心して相手の話を聞こうとします。

 

 

 

 

 

geralt / Pixabay

 

 

 

 

交渉術のひとつに、

「まず相手の主張に同意せよ」

と説かれた、

 

『イエスバット法』があります。

 

 

同意をしてから反論する方法で、

 

相手の主張にいったんは

同意するのですから、

 

安心させることができたように思えます。

 

 

 

しかし、いくら同意したとしても

その後で反論を続けるのですから、

 

相手は再び構えの姿勢をとるでしょう。

 

 

 

いったん相手を武装解除させたら、

二度と武装させてはならないのです。

 

 

 

そのためには「しかし~」

という接続詞を使わないことです。

 

 

 

 

たとえば、

「値段が高いですね」と言われたら、

 

「その通りです」と同意します。

 

 

そして続ける言葉は、

 

「だからこそ最高の性能を搭載しています」

 

「値段が高い理由をお知りになりたいのですね。

今からそのご説明をしましょう」

 

 

などとその後に続く内容は

「値段が高い」という主張に対する

反論になっているのですが、

 

 

「しかし~」から始めずに

「その通りです」から展開しているため、

 

 

同じ反論をしているにも関わらず、

相手が受ける印象は

まったく違ったものになっているのです。

 

 

 

否定すれば反発されることも、

受け入れる姿勢を見せれば、

それ以上は反発されないのです。

 

 

 

 

反論したいときには、まず、

「その通りです」と相手に同意し、

 

 

その後は「しかし」を使わず

意見を述べれば、

 

 

あなたの提案も

すんなり受け入れてもらえる

可能性が高まるのです。

 

どうぞお試しください。

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: