オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

よい反応も悪い反応も感謝につなげる

読了までの目安時間:約 6分

 

【加南本舗 Vol.994】

 

 

 

 

 

 

 

「プチ・アンケ☆彡」の集計が出ました!

 

ご参加いただきました皆様には

お礼申し上げます。

ありがとうございました。

 

 

 

今回はあなたはネットビジネスを始めて

クレームや嫌がらせを受けたことが、

 

 

あるかないかについてお尋ねしました。

8割近くの方が「ない」という結果でした。

 

 

「ある」という方の中にも、

それほど悪意のあるものではなかった

というお答えもいただきました。

 

 

 

ですから情報発信する際にも、

クレームがついたらなどと

 

 

心配する必要はあまりないのでは

と思います。

 

 

 

それよりもむしろ

「嫌われたくない」という思いから、

 

 

万人に好かれようと思う方が

情報発信として

マイナスの発想になります。

 

 

 

 

少しリアルのお話をしますね。

 

 

リアルの世界のお付き合いでは、

私たちは無意識のうちに

幸せそうな人を見分けて行動しています。

 

 

 

道を尋ねるときも、

「この人は道に詳しそう」なんて考えません。

 

パーティーなどで話しかける人も、

楽しそうに笑顔でいる人を選んでいるはずです。

 

 

 

好かれる人には、好かれるだけの

理由があります。

 

 

 

人付き合いが苦手だという人は、

たくさんの人に好かれなければならない

と思い込んでいます。

 

 

 

100人の人がいれば、

その中の1人に好かれれば十分で、

 

むしろ好かれなくて当然なのです。

 

 

 

世の中には、

好きでも嫌いでもない人の方が

圧倒的に多いのです。

 

 

「嫌われてないかな」と

ひとりでウジウジ悩んでいても、

 

 

当の相手は、あなたのことを

1ミリも考えていません。

 

 

 

そんなことよりも

もっと大切なことが

人生にはいっぱいあるからです。

 

 

 

そう考えることができたならば、

 

本気で自分と向き合ってくれる

100人の中の1人に感謝できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガを発行したての頃は

100人の読者さんがいれば、

 

 

その人たち全員が

自分のメルマガを読んでくれている

そう思ってしまいます。

 

 

だからその人たちの

気に入るような文章を書こうとします。

 

全員に好かれようとしてしまいます・・・

 

 

 

 

 

あなたのメルマガは読まれなくて

当たり前なのです。

 

 

あなたの読者さんは

あなたのことを1ミリも考えていません。

 

 

あなたのメルマガを読むよりも

しなくてはならないことが

たくさんあるからです・・・

 

 

 

 

 

ネットもリアルも

根っこの部分は同じです。

 

 

よい反応も悪い反応も

あなたの感謝につながれば、

 

 

あなたはもっといいメルマガが

書けるはずです。

 

 

 

kaboompics / Pixabay

 

 

 

 

※上記のアンケートは

メルマガ読者様限定となっています。

 

 

 

あなたも「プチ・アンケ☆彡」に

参加してみませんか!?

 

 

 

読者ご登録はこちらから

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

  1. ゆーろ より:

    加南さんはじめまして!
    アフィリエイターのゆーろと申します
    確かに誰かに好かれようとしてへこへこしすぎても何もいいものは生まれませんよね
    好かれる人にだけに好かれればいいっていう考えに共感しました
    応援完了、またきます~

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: