オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

焦って動かす3つの『限定法』

読了までの目安時間:約 7分

 

【加南本舗 Vol.993】

 

 

 

 

 

 

 

あなたが今、

欲しいものって何ですか?

 

 

 

 

・・・頭の中、

欲望でパンパン(笑)

 

 

 

そうです、

人間の欲望というのは

限りなく深いのです。

 

 

 

あなただけに

限ったことではありません。

 

 

 

 

満足していたものでも

すぐにあきてしまって、

 

もっともっと刺激を求めていく・・・

 

 

 

 

この人間の欲深い性質を利用して、

ほとんどのビジネスは

成り立っています。

 

 

 

だったらあなたも、

これを利用しない手はありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

方法は簡単です。

 

いったん手に入りそうな

状態にしておいて、

 

それを奪い取ってしまえばいいのです。

 

 

 

 

奪い取るなんて、乱暴な?

じゃ、ちょっとだけ脅しましょう(笑)

 

 

 

「ここでイエスと言えば手に入るが、

ノーといえば手に入らないよ」

 

という状態を作り出すのです。

 

 

 

けれども決して「いつでもいいですよ」

なんて甘い顔は見せてはいけませんよ。

 

 

 

なぜならこれが交渉の際の

『限定法』といわれる手法で、

もっとも基本となる部分だからです。

 

 

 

 

その限定法の3つの方法をご紹介します。

 

 

 

■競合法・・・

 

他にも引き合いがあることを伝える。

 

例:「今、御社に決めていただければ、

他社さんをお断りできるのですが・・・」

 

 

 

■期間限定法・・・期間を限定する。

 

例:「この価格でご提供できるのは、

本日限りです」

 

 

 

■数量限定法・・・数を限定する。

 

例:「残り14個です。

売り切れたら販売中止です」

 

 

 

 

このように「イエス」

と言いさえすれば手に入るのに、

 

 

「ノー」と言ってしまうと、

本来は手に入ったものが

 

 

手に入れられなくなる・・・

という状態は、

 

非常に居心地が悪いものです。

 

 

 

こうなると相手はどうしても欲しい

と思うようになってしまいます。

 

 

 

いつでも手に入るものなら

興味はないけれど、

 

 

頑張らないと手に入らないものには

頑張ってしまう・・・

 

あなたにも覚えがあるでしょう?

 

 

 

 

えっ?

恋人からお見合いをするって言われて、

慌ててプロポーズした?

 

 

んー、それって・・・

 

あなたが幸せなら、私も嬉しいです(笑)

 

 

 

 

 

 

 

**--------------------------------------**

 限定のないオファーは、

 オファーではありません。

**--------------------------------------**

 

 

 

『限定を作り出す』テクニックは、

強気、弱気とは無関係です。

 

 

だから普段は弱気な私も(笑)

バンバン使える手法なのです。

 

 

 

あなたが最短最速で稼げる方法、

明日までの公開となっています。

 

 

時間を過ぎれば、

あなたはその方法を永遠に知ることなく、

先に手にした人たちに置いていかれます。

 

 

 

※こちらからご覧になれます。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:2

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. ゆき より:

    加南さん、おはようございます。

    限定法、確かによく使われている手法ですね(*^^*)
    こうやって説明して頂くと、
    とても分かりやすいです。

    限定性を持たせることって大切ですね。
    強気弱気とは関係なく使えるというのも
    素敵なところです(笑)

    応援して帰りますね!

  2. 加南さん、こんにちは。

    ご無沙汰しておりました、
    アフィリエイト副業で稼ぐ@たいちです。

    限定を作り出すテクニック、
    教材で読んだにも関わらず、
    すっかり忘れていました(泣)

    限定と宣言する事で、
    読み手の心を動かすテクニック…
    確かに大切な方法ですよね。

    これからのレビュー記事や、
    ランディングページなどに
    取り入れてみたいと思います。

    今回の記事を読ませて頂いて
    改めて確認させて頂きました。

    加南さん、

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: