オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

相手の心に強く訴えかけるには

読了までの目安時間:約 4分

 

【加南本舗 Vol.990】

 

 

 

 

 

 

 

大げさでドラマティックな

表現をする人っていませんか?

 

 

 

「もう死ぬかと思った」

「辛すぎて立ち直れないかと思った」

などと、より強烈な言葉を使って

 

 

自分が特別だと印象づけようと

しているのかもしれませんが、

 

多くの場合、逆効果となります。

 

 

 

あまり強烈な言葉を多用すると、

いつの間にか誰もその言葉に

反応しなくなってしまうのです。

 

 

 

話す本人が興奮して

自分の言葉に酔いしれていたら、

 

 

聞き手は感情を読み取る努力を

する気をなくしてしまいます。

 

 

 

主観を表す言葉というのは、

極力シンプルな形容詞で

表現した方が伝わりやすいのです。

 

 

 

 

Skitterphoto / Pixabay

 

 

 

 

 

これはビジネスシーンでも同様で、

「絶対成功します!すごい企画です!」

 

 

などと押しまくっても、

話し半分で聞いておこうと思われるだけです。

 

 

 

確実に相手に訴えかけたいときには、

まず感情を抑えて論理的に

 

 

根拠や今後の見通しなど、

シンプルかつ的確に伝えるのが有効です。

 

 

 

真摯につむがれたシンプルな言葉の方が

相手の心に強く

訴えかけることができるのです。

 

 

 

 

それは近くにあると

どうってことないのに、

 

 

遠く離れると、

大きく見えるものと同じです。

 

 

 

毎日がただ淡々と平凡に過ぎていくことが

実は本質だと言われる

 

「しあわせ」と同じなのです。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: