オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

売り込むことにためらうのは・・・

読了までの目安時間:約 10分

 

【加南本舗 Vol.966】

 

 

 

 

 

 

 

「プチ・アンケ☆彡」の集計が出ました!

 

ご参加いただきました皆様には

お礼申し上げます。

ありがとうございました。

 

 

 

今回は私たちの最終目的でもある、

 

 

商品やサービスを

紹介したり売り込むことについて

お尋ねしました。

 

 

 

気になる結果ですが、

 

気にならない(または、挑戦している)

という方が、

 

 

苦手(または、未経験)という方の

およそ倍という結果が出ました。

 

 

 

これはとても喜ばしい結果というか、

さすがだなって思いました。

 

 

苦手という方の中には、

まだセールスの段階までいっていない

という方もいらっしゃるかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、今回はあえて

「売り込む」という表現を

使わせていただきました。

 

 

 

私たちはなぜかこの言葉に

敏感に反応してしまいます。

 

 

 

『売り込まれる=損をする』

というイメージがあるのかもしれません。

 

 

 

 

時々、無料の案件に登録して、

 

どんなセールスをされるのか

という勉強をしているのですが、

 

 

その際、登録した人たちの「コメント」

というものを見ることがあります。

 

 

 

そうしたら必ず、

「今度はどんな手口で売り込むのですか」

「どうせ売り込みでしょう」

 

 

などというコメントを

堂々と寄せている人がいます。

 

 

 

見ていて、

「だからアンタは稼げないんだよッ!」

と本気で思ってしまいます。

 

 

 

 

たとえ無料の案件であっても、

後ろにセールスがあるのは当然です。

 

 

それがビジネスだからです。

 

 

 

 

きっと、コメント寄せている人は

それはわかっているのでしょう。

 

 

「売り込まれる瞬間」を

見届けたいのかもしれません。

 

 

そして自分は上手に「損」を回避できた、

そう思いたいのかもしれません。

 

 

 

 

意識が消費者側にあるとも言えます。

私たちの立ち位置は「売り込む側」です。

 

 

 

 

 

 

目の前に案件があるのなら、

それを紹介してください。

 

 

売り込む気持ちで勧めてみてください。

それがあなたの仕事だからです。

 

 

 

売りたい人と買いたい人、

それがあって経済は回っていきます。

 

 

 

 

売り込みなんてキツイ言葉を隠しても

売っている事実には変わりありませんし、

 

それが「悪」だなんて思わないことです。

 

 

 

何かを買って幸せになることって

たくさんあるじゃないですか。

 

 

あれが買いたいから頑張る、

そうやって手に入れたものだってあるでしょう?

 

 

 

 

『毎回、売り込みばかりをすれば、嫌われる』

その思いも捨ててください。

 

 

反応がなくなったのは単にリストが枯れただけ。

そしてリストが枯れるのも自然のことです。

 

このあたりのことは、またの機会に

もう少し掘り下げてお話したいと思います。

 

 

 

 

少し嫌な表現だなと思われたかもしれません。

でもビジネスですから、

本気で売り込んでみてください。

 

 

 

 

このアンケートの期間中、

ご意見をいただきました。

 

少し一部抜粋したものを

ご覧いただきたいと思います。

 

 

 

 

▼ ここから ▼

 

見込み客に商品を売り込む、

という感覚では私は考えていません。

 

 

如何に価値の高い情報を提供できるのか、

それを見込み客がこの商品、

情報は価値が高くお金を出しても欲しい、

と感じていただければ購入してくださいます。

 

 

価値の高い情報、商品を作ることができるか?

この一点につきると思います、

 

 

それができれば、

売り込むという感覚は無くなりますし、

 

 

一度購入して価値を感じていただければ

リピーターになっていただける可能性も

高くなると思います。

 

▲ ここまで ▲

 

 

(H様、貴重なご意見、ありがとうございました)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたはどう感じられたでしょうか・・・

また、ご意見お寄せください。

 

 

 

 

そしてビジネスを頑張っていらっしゃる

あなたへ、私から

 

 

『幸せは、なるものではなく、気づくもの』

 

 

アフィリエイターとして、

プロを目指していきましょう。

 

 

 

 

また「プチ・アンケ☆彡」を

開催していきますね。

どうぞ、お楽しみに!

 

 

 

また、こんなお題を取り上げてほしい

などご希望がございましたら、

 

じゃんじゃん、お寄せください。

一緒に考えて盛り上がりましょう!

 

 

 

 

こちらに前回までの「プチ・アンケ☆彡」の

結果を掲載しています。

 

 

 

 

 

 

kaboompics / Pixabay

 

 

 

 

 

※上記のアンケートは

メルマガ読者様限定となっています。

 

 

あなたも「プチ・アンケ☆彡」に

参加してみませんか!?

 

 

読者ご登録はこちらから

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

  1. 加南さん、こんばんは、
    ご無沙汰しております、
    アフィリエイト副業で稼ぐ@たいちです、

    今回の加南の記事を読ませて頂きまして
    改めて自分の立場が「仕掛ける側の立場」だと
    再認識しました。

    私はいつの間にか、毎日の作業で
    「目の前の読者の為に」を忘れ「自分の日課」と
    なってしまっていたように思います。

    読者の方に質問を頂いたり、
    購入して頂いたお客様からの質問を頂く時は、
    しっかりとお答えする事を意識していますが、

    ひとりの作業が続くときは、
    見えないお客様の存在を意識していませんね。

    駄目ですよねー(泣)

    仕掛ける側の人間として
    少し、反省しました(泣)

    加南さん、
    またお伺いさせて頂きますね。

    ありがとうございました。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: