オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

脳をだませば、すぐやれる?

読了までの目安時間:約 5分

 

【加南本舗 Vol.955】

 

 

 

 

 

 

 

仕事やネットビジネスの作業を

すぐやれないのは、

 

 

多すぎる作業量や不安などが絡み合って

先送りされてしまうからです。

 

 

中でも『成功への期待』

『失敗への恐怖』は、大きな原因になります。

 

 

 

 

 

それをできることに変える

簡単なやり方は、

 

 

『やれない理由』を書き出すことです。

 

 

 

たとえば、ジョギングであれば、

「暑いから」「疲れるから」

 

 

などといったことを、

理由として書き出したとすれば、

 

 

 

「この程度のことか」と思って

すぐにやれたり、

 

 

「じゃ、こうすればいいかも」という

対策も見えてくるかもしれません。

 

 

 

 

すぐやれないのであれば、

『すぐやれない理由』を

考えてみてください。

 

 

理由があるからこそ、やれないのです。

 

 

それにきちんと向き合えば

できることに変わるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

また、脳には

自分の体の状態を見て、

 

それを知るという働きがあります。

 

 

 

 

頭蓋骨に囲まれた脳は、

五感を通さなければ

 

 

自分の様子や外部の様子を

知ることができません。

 

 

そこで五感を頼りにしているのですが、

特に「視覚」から自分の状態を知るのです。

 

 

 

 

よく言われる、

 

楽しいから笑うのではなくて

笑うと結果として楽しくなるというのも、

 

脳が行動に左右されるからなのです。

 

 

 

 

ですから、「元気」「やる気満々」

ということを視覚を通して教えてあげると、

 

脳はそのように認識します。

 

 

ある意味、脳を「だます」ことで

 

「すぐやる」を実現するのです。

 

 

 

 

胸を張ったり上を向いた姿勢のときに、

ネガティブな気持ちになりにくいように、

 

 

 

何もする気が起きないときには、

 

 

鏡の前でポジティブな様子をとって

視覚的に脳に伝えてみてはいかがでしょう。

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: