オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

人生は『現状維持バイアス』との戦いの連続

読了までの目安時間:約 5分

 

【加南本舗 Vol.951】

 

 

 

 

 

 

 

私たちには「やった方がいい」

とわかっているのに、

 

 

なかなかできない

というものがたくさんあります。

 

 

健康のために適度な運動をしましょう。

休肝日をもうけましょう。

禁煙しましょう・・・

 

もちろん、日々の作業も。

 

 

 

 

なぜできないのでしょうか?

 

 

 

 

それは『今の状態が心地よい』からです。

 

 

現状が最高ではないにしろ、

 

すぐさま運動しなくても

弱って死ぬわけではありません。

 

 

お酒もタバコも適度になら

病気の原因にもならないだろうと、

 

都合のいい言い訳は

いくらだって思いつくことができます。

 

 

作業にしても、後でまとめてやればいい、

今日はとにかく疲れているから・・・

 

 

 

 

とりあえずは、そのままでいたい、

 

【現状維持バイアス】という

心理が働いているからです。

 

 

 

人は現状の方に、

より大きな価値を置きます。

 

 

現状の方が、現状以外より好きなのです。

それほど変化を嫌う傾向が強いのです。

 

 

 

 

だけど、このままではいけない、

というのはわかっています。

 

さて、どうしましょう・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人はいざ何かを始めようと思うと、

勢いをつけて一気に変えようとしたがります。

 

 

しかし、実際にはそううまくいくはずもなく、

だから逆に現状維持を肯定してしまうのです。

 

 

 

 

ですから変化の幅をなるべく小さくすること、

現状を維持しながら動き始めるのです。

 

 

運動が苦手だったら、

まず外に出て散歩から始める、

 

毎日の作業が面倒だったら、

とにかくパソコンだけは毎日立ち上げる・・・

 

 

 

 

『変える』ことと、

『変わる』ことは違います。

 

 

 

一時的に変えることはできても、

一気に変えることはできないのです。

 

 

 

 

だったら少しずつでも変えてみましょう、

あなたの未来のために・・・

 

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:2

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. アルミ より:

    加南さん

    こんにちは!
    ブログへの訪問&コメントありがとうございましたm(_ _*)m

    現状維持バイアス

    分かります。
    人は基本的に変わりたくないですよね。

    変わりたいと思っても、なかなかいつもの習慣から抜け出すことが難しいです。
    そして、ハッと気が付くていつもの自分に逆戻り…なんてことも。

    「変わる」と「変える」が違うというのも、なるほど!と思いました。

    変化は少しずつ…

    でも振り返れば、以前の自分とは変わっていた。

    そうなるように努力していきたいです(´∀`*)

    またブログへ訪問させていただきます。
    応援して帰りますね。

    ではでは♪

  2. ゆき より:

    加南さん、こんにちは(*^^*)

    【現状維持バイアス】
    聞いたことがあります!!

    そうなんですよね。
    人は変化を嫌う傾向が強いですよね。

    現状を変えようと奮起して、
    一気に変えてしまうと
    「やっぱり、キツイ」と
    気が付いたら元の状態に・・・
    なんていう事が多々あります。

    >ですから変化の幅をなるべく小さくすること、
    >現状を維持しながら動き始めるのです。

    何事も一気に変えようとすると
    どこかに無理が生じますが、
    少しずつ、自分でも変わったかどうか
    わからないくらいの小さな変化から始めれば
    無理なく続けることができて
    習慣化され、それが大きな変化に
    繋がっていくのだと思います^^

    現状を変えたい!
    と思ったら、焦らず少しずつ。
    でも、確実に変化していけるように
    行動していきたいと思います。

    自分の未来のために、
    頑張りたいですね!!

    応援して帰ります。
    また来ますね♪

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: