オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

快適さのイメージを仕事に刷り込ませる

読了までの目安時間:約 4分

 

【加南本舗 Vol.942】

 

 

 

 

 

 

 

人間は基本的に、

 

『快適さの追求』『苦痛の回避』

 

 

といった二つの力によって

動かされています。

 

 

 

苦痛を回避するということは

それによって快適になるのだから、

 

 

結局は快適さの追求と同じだろう

と思うのは早計ですよ。

 

 

 

そこには『最初に』苦痛ありきか、

あるいは快適ありきかといった

 

大きな違いがあるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たとえば仕事を先延ばしにする人は

『苦痛回避型』で、

 

 

 

そもそも仕事を苦痛と感じ、

締め切りが近づいて

 

 

それが達成できなかったときの苦痛を

リアルに感じて、

 

 

その苦痛を回避しようとして

締め切り間際に動き始めるのです。

 

 

 

 

 

一方、『快適追求型』の人は、

仕事をさっさと片付けてしまいます。

 

 

そこには明確な目的意識があり、

これからやろうとしていることは

 

 

その目的を達成するための

手段として位置づけられているからです。

 

 

 

その仕事を片付ければ

 

その分だけ自分の設定した

目標に近づけるわけですから、

 

それは快適な作業になるのです。

 

 

 

デキる人は仕事にこの快適さの

イメージを刷り込ませるのが上手です。

 

 

 

 

 

もしあなたが『苦痛回避型』だったら、

「まずはこの仕事が終わったら○○する」

 

 

などと小さなご褒美や楽しみを

考えてみてはいかがでしょう。

 

 

 

今の時期だったら、

ビールも美味しいかもしれませんね。

 

 

「この仕事を終えたら、ビールだ♪」

 

どうですか?

頑張れそうではありませんか!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうせ同じ仕事をするのなら

苦痛を感じながらするよりは、

 

 

快適さを感じながらやる方がいいに

決まっているのですから!

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: