オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

あなたのビジネスの可能性を否定しない

読了までの目安時間:約 6分

 

【加南本舗 Vol.931】

 

 

 

 

 

 

 

まだできることが残されているのに、

すぐに諦めてしまう人がいます。

 

 

 

たとえば海外旅行中に

ホテルのロビーやレストランなどに、

財布を忘れたとき、

 

 

すぐに電話したり、引き返したり

いろいろすることはあるのに、

 

 

 

することをしないで

「もう出てこないに決まっている」と、

 

 

その時点でできることを

しようとする姿勢を見せない人・・・

 

 

 

 

外国だから言葉が通じないと

電話で問い合わせることをしないのも、

 

 

通じるか通じないかは

話してみなければわかりません。

 

 

 

そして忘れ物も、

出てくるかも知れないし、

出てこないかもしれない・・・

 

それはその時点ではわからないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時点でできることをする人と、

できない理由だけを探す人。

 

 

 

そして不思議なことに

その時点でできることを

何もしない人に限って、

 

 

いつまでもその忘れ物にこだわり、

旅行中ずっと、

「なくしてしまった」と嘆いているのです。

 

 

そして「あのお金さえあれば、

これも買えた、あれも買えたのに」と、

 

 

せっかくの旅行全体を、

憂うつなものにしてしまうのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかくそのときに

 

自分が置かれた状況で、

 

 

自分のできることをする、

 

 

その姿勢が生活の中でも、

ビジネスにおいても必要なのです。

 

 

 

 

 

 

そしてビジネスでの成功者と

そうでない人の違いは、

 

『行動すること』にあります。

 

 

 

 

成功しない人というのは、

 

行動もしていないのに

「不可能」を宣言する人なのです。

 

 

 

 

 

 

**--------------------------------------**

なくさないためには、最初から持たない?

**--------------------------------------**

 

 

私の知り合いはツアー旅行に参加するのに、

旅行用のカバンを持たずに参加しました。

 

 

正しくは家族に空港まで送ってもらい、

車のトランクに入れたカバンを取り忘れて、

 

 

そのまま飛行機に乗ってしまった

という強者です。

 

 

旅行だというのに、ほぼ手ぶら状態。

その光景に違和感を覚えない本人も、

見送る家族も恐るべし(笑)

 

 

しかしちゃんと旅行ができたって

ある意味、すごいですね。

 

 

 

 

やっぱり人生の荷物は、

少ない方が行動しやすいのでしょうか?

 

お金は荷物にならない」とも言いますよね。

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:2

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. 加南さん、ご無沙汰しております。
    アフィリエイト副業で稼ぐ@たいちです。

    今回の加南さんの記事を読ませて頂いて、
    私が以前、別のビジネスで学んだ
    「成功法則」を思い出しました。

    どのようなビジネスでも
    ある程度、成功を収めている人は、
    共通する考え方をお持ちのようですね。

    少しでも可能性をがあるのなら
    挑戦するという意識は、
    本当に大切だと痛感いたしました。

    加南さん、
    またお伺いさせて下さいね。

    ありがとうございました。

  2. ヒロ より:

    加南さん、こんにちは!
    ヒロです。
    いつもお世話になっております。

    何事においても
    今自分に出来る最善を尽くすって
    とても重要な事ですね。

    出来ない人って
    教えてあげれば精一杯するのに

    結局、何をしたらいいのか
    分からない、自分で考えられないのでしょうね。

    その一方で出来る人というのは
    自分で考えて行動出来る人なのでしょうね。

    この差がビジネスで成功できる人と
    出来ない人の差ではないでしょうか。

    本当は、色々と考える前に
    行動すればいいだけなんですけどね^^

    またお邪魔させて頂きますね。
    応援完了です!

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: