オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

相手が一緒に考える姿勢になってくれるには

読了までの目安時間:約 4分

 

【加南本舗 Vol.912】

 

 

 

 

 

 

 

恋愛でも、ビジネスでも、

共通の大原則に、

 

 

口説きは自分からではなく、

相手から口説きに来てもらう。

 

というものがあります。

 

 

 

人は、一生懸命口説けば口説くほど、

引いてしまうものだし、

 

 

相手の逃げ口をふさげばふさぐほど、

嫌われてしまいます。

 

 

 

そして相手は何とかして、

この場を逃げ切ることに

 

 

全エネルギーを集中してしまう

ことになってしまうのです。

 

 

 

 

「説得させられたい」

そう思う人はいません。

 

 

自分から納得はしたいのですが、

 

他人からは説得されたくない、

と思うのが人間です。

 

 

 

makamuki0 / Pixabay

 

 

 

 

人は「説得されている」と感じると、

気持ちのブレーキをかけてしまうのです。

 

 

 

そんなブレーキを解くには、

「説得」ではなく「説明」が必要です。

 

 

 

「このツールをお使いいただいたら、

収入アップは間違いありませんから!」

 

という説得では相手の心は動かせず、

 

 

そのツールが持っている機能や

類似品との差異などといった

 

特徴の説明が必要なのです。

 

 

 

そのうえで、

相手がその商品から得られる利点、

 

 

相手のどんな欲求を満たせるかといった

『ベネフィット』を伝えること、

 

 

特徴をベネフィットに変換して

あげなくてはならないのです。

 

 

 

 

 

「説得しよう」ではなく、

「説明しよう」の気持ちが、

 

 

相手が一緒に考える姿勢になってくれる

結果を生むのです。

 

 

どうぞお試しください。

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:2

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. さやっち より:

    加南さん、こんにちは

    納得という感じです。
    つい、説得したくなってしまいますが、説得よりも説明が良いのですね。

    責められると引いてしまう。恋愛もそうですね(笑)
    なんにでも当てはまるんですね。

    応援して帰ります。
    またお邪魔させていただきますね。

  2. 椎名あい より:

    こんにちは、加南さん。
    いつもお世話になっております。
    椎名あいです。
    最近になって梅雨を感じています……( 遅いですね )

    あー、私これです。
    説得しようとはあまりしませんね。

    本当に分かるように具体例を出して
    分かりにくい時はそこに感情をしっかり入れていく。

    じゃあ、なぜか読者さんは
    妙に納得してくれますし、
    内容をがっつり読んだ
    長文の感想を残してくれます。
    ( それを見て私はニッコリ笑顔になってます )

    説得かぁ……なんか説得力がありますねと
    そんな風に言われた記事に限って
    説得しようとしてないんです(笑)

    まさに、加南さんの説明されている通りです。
    その秘密が知れたので
    心の違和感が遠くへ行きました……ありがとうございます。

    椎名あい

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: