オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

そのスパイスこそが輝きの正体です

読了までの目安時間:約 4分

 

【加南本舗 Vol.905】

 

 

 

 

 

 

 

チャンスは少なければ少ないほど、

価値が出てきます。

 

 

 

 

品物が限定されていたり、

入手困難だったりすると、

 

 

人々のそれを求める気持ちは

さらに強くなります。

 

 

 

 

いつも同じ価格で

商品が残っているとしたら・・・

 

 

人は購入の決定を

何日も先延ばしにするでしょう。

 

 

最悪、価値を感じられなくなって

買わなくなるかもしれません。

 

 

 

それに対し、

商品があとわずかしかなく、

 

 

このチャンスを逃すと

次はいつ手に入るかわからない場合、

 

 

チャンスを逃したくないという思いから

今のうちに購入しておこうという気になります。

 

 

 

失うということが

人の心に大きな不安を抱かせ、

損失を回避するための行動をとらせるからです。

 

 

 

めったにないのなら、

どのような物やサービスも

価値は高まるということなのです。

 

 

 

 

人々はチャンスを逃すまいと

われ先にと行動を起こしますが、

 

 

この提供する側の『出し惜しみ』は、

 

物だけではなく、時間、情報、知識

などにもあてはまります。

 

 

 

 

■締切の設定

■時間の限定

■数量と情報の制限

■損をする可能性があると思わせる

 

などを取り入れて、

 

あなたの出し惜しみを

さらに効果的なものにしてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

子供の頃、

そのおもちゃは買ってあげないと

親に言われたものほど、

他の何よりほしくなりませんでしたか?

 

 

 

 

『人はまだ手に入らないものは、

すでに手に入れたものより

常に魅力的に思う・・・』

 

 

 

 

んー、なんだか大人の事情も

感じられます。

 

 

 

妻?夫?恋人?

大事にしてあげてください(笑)

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: