オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

メリットの中にデメリットを忍ばせる極意

読了までの目安時間:約 4分

 

【加南本舗 Vol.791】

 

 

 

 

 

 

 

私たちが何かものを買うとき、

 

それが100パーセント完璧なもの

だとは思わずに、

 

 

「悪いところも少しはあるだろう」

そう思って商品を手にすることも

あるのではないでしょうか。

 

 

 

そう思っていた方が

もしあとで欠点を見つけても、

 

 

がっかりする度合いも低く、

いわば自分への予防線になります。

 

 

 

ビジネスに必要なツールなどを買うときも、

素晴らしいツールだと思いながらも、

 

 

設置は難しいだろうなとか、

マイナス要素を探し出しています。

 

 

そうすれば、途中で放り出しても、

やはり初心者には難しかった

と自分への言い訳ができます。

 

 

 

 

 

そんな心理を逆手にとって、

何かを売り込む際には、

 

 

うまい話だけを並べるのではなく、

 

『10の利点の中に1の欠点を入れる』

ようにするのです。

 

 

 

すると相手は、

いい話だけを並べて、

 

 

ともかく売りさえすればいい、

そういう人ではなくて、

 

 

悪い話もあらかじめ教えてくれる、

 

この人の言うことは信用できる。

と、好意的に評価してくれるはずです。

 

 

 

 

 

誰しも「どんなものにも欠点はある」

と思っているからこそ、

 

 

悪い話も伝える態度に、

誠実さを感じてしまうのです。

 

 

 

 

これはものを売る場合だけではなく、

自分を売り込む際にも有効です。

 

 

長所ばかりをアピールするよりは、

欠点を打ち明けることによって、

 

 

相手からの好感度や信頼度は

グンと高くなります。

 

 

 

 

ものでも人でも、

いいところも悪いところも見せてこそ、

 

相手から本当に信頼されるのです。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: