オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

結論を知りたがっているのはあなただけではない

読了までの目安時間:約 4分

 

【加南本舗 Vol.787】

 

 

 

 

 

 

 

会議や打ち合わせなどで

自分の意見を述べたり、

何か報告をする際、

 

 

相手にうまく伝わるようにするには、

 

『結論』を最初と最後の

2回言うと効果的です。

 

 

 

たいていの場合、聞いている方は、

話し手の結論を知りたがっています。

 

 

そこでまず、「自分はこう考える」

「○○の結果は△△でした」などと

結論を述べると、

 

 

相手はそれをふまえた上で、

あとに続く話を聞いてくれます。

 

 

 

結論に至った根拠や考え方、

過程を聞く場合には、

 

 

結論を先に聞いていた方が、

理解しやすいのです。

 

 

 

そうしておいて最後に再び、

 

「最初に述べましたように」

「あらためて繰り返しますが」などと、

念を押して結論を述べると、

 

 

聞いている方も

頭の中が整理できてわかりやすいのです。

 

 

 

このような話し方をすれば、

自分の考えを明確に持った知的な人

 

 

だという評価も得られやすいという、

利点もあります。

 

 

 

 

結論は最後までとっておくのは、

 

よほどの話術や、

誰もが驚くような意外な結論でもない限り、

 

人を引きつけるのは難しくなります。

 

 

場合によっては話にまとまりがなくなり、

自分も混乱してしまうので注意が必要です。

 

 

 

 

 

メルマガの際も、

 

冒頭にオファーの内容を

ひと言で説明するような、

 

【三行広告(結論)】を載せると効果的です。

 

 

 

特に好奇心旺盛で

チャレンジ精神あふれる前向きな方は、

 

 

何事にも反応がいいので、

必ずクリックしてくれます。

 

 

 

 

URLは多くて3個くらいまでですが、

クリック率というのは、

URLが下にいくほど下がっていきます。

 

 

ですから冒頭にURLを置かない場合は、

最後に1箇所ドンと載せた方が、

効果的なのです。

 

 

じっくり考える落ち着いたタイプの

読者さんが反応してくれます。

 

どうぞお試しください。

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:2

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. ルナクス より:

    加南様、
    初めまして。ルナクスと申します。
    以後宜しくお見知りおきを。

    「結論を最初に言う」を拝読して、
    「そうだなあ」と実感しました。

    今は会社を病気で辞めましたが、
    在職中は結論を最後だけに言ったため、
    理解して貰うのに、時間がかかり
    怒られたことがしょっちゅうありました。

    気を付けたいものですね。
    応援、押しておきますね。ポチ☆

    もし宜しければ私のブログにも
    お越し頂けると幸甚です。
    お待ち申し上げます。

    これからも宜しくお願い申し上げます。

  2. ともいち より:

    加南さん、こんばんは^^

    ランキングより参りました、
    ともいちです^^

    >『結論』を最初と最後の
    >2回言うと効果的です。

    自分も会議でよく言われていたことを
    思い出しました。

    まとまりのない話で怒られてましたね。

    改めて勉強になりました。
    ありがとうございます。

    また、訪問させていただきますね^^
    応援完了です(^^ゞ

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: