オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

アンケート途中経過

読了までの目安時間:約 8分

 

【加南本舗 Vol.731】

 

 

 

 

 

 

メルマガ発行二周年記念して

プレゼントを差し上げたところ、

たくさんの方にご応募いただきました。

 

ありがとうございます。

 

 

 

クリスマスだったので、

メルマガを読んでくださる方も

少ないのではないかと思っていたのですが、

 

 

さすが、私の読者さんは

勉強熱心な方ばかりです。

 

 

その際に、

簡単なアンケートをお願いしたのですが、

その内容は、

年齢や性別をお尋ねしています。

 

もちろん、答えたくない人には

「ヒミツ」というチェック欄もありますので、

そこにチェックしていただけるように

なっています。

 

 

 

 

女性の方には、

答えるのが嫌な設問かもしれませんが、

 

 

なぜこんなことをするかというと、

 

どういう人が私のメルマガを

読んでくださっているのか、

確認をするためなのです。

 

 

自分ではだいたいの感じはつかんで

いるつもりですが、

 

 

メルマガの内容をもっとピンポイントで

お届けするためには、

 

 

年齢層はおさえておくべき、

大切なポイントのひとつなのです。

 

 

 

メルマガの目的を明確にした上で、

届けたいターゲットをイメージします。

 

 

そのターゲット像を明確にする作業を、

【ペルソナ設計】と言います。

 

 

ときどき、記念日などを設定して

このようなアンケートをとると、

 

あなたのペルソナが明確になってきます。

 

 

 

 

 

それで今回アンケートを

お答えいただいた年齢層ですが、

 

 

「おーい、20代男性~~~!!」

 

反応が薄かったです。

クリスマスだったからでしょうか。

 

 

女性も少数だったので、

 

「クリスマスだからって見栄はらないで~」

わたしも「ぼっちのクリスマス」でしたよ~(笑)

 

 

 

 

 

結果としては、ほぼ予想通りでしたが、

 

意外だったのが60歳以上の方も大健闘!!

これは嬉しいです♪

 

 

 

小娘の(そこまで若くはありませんが)

拙いメルマガを読んでくださり、

 

 

プレゼントにも関心をお寄せいただき、

いくつになっても年齢を言い訳にしない

好奇心に頭の下がる思いです。

 

 

 

 

 

年配の人、目上の人を重んじる姿勢は

大切です。

 

これは実行できるかどうかは別として、

誰でもが知っていることです。

 

 

 

しかし逆の立場になったとき、

若者だからという理由だけで

 

 

生意気だと思う年配の人は、

度量が小さいと言わざるを得ません。

 

 

 

自分が「偉い」という意識、

リアルの世界では年齢的に、

 

 

部長やそれ以上の地位を

お持ちだったのかもしれません。

 

 

その「偉い」という権威意識が高いから、

相手を生意気だと思ってしまうのです。

 

 

 

対等な人間であると思えば、

意見が違ったりしても、

すぐさまそれを生意気だとは思わないでしょう。

 

 

 

謙虚な心を失うと、

相手の優しさや配慮までも見逃してしまいます。

 

 

 

ことにインターネットで成功されている

若い方はたくさんいらっしゃいます。

 

 

もしかしたら自分の子供のような

若い人に教えを乞う場合だってあるのです。

 

 

 

そのときにプライドなんてものを

持ち出していたら、

それだけで確実に置いていかれます。

 

 

 

 

 

今回の件では、

私の読者さんは心の持ち方まで

素晴らしい方たちなのだ、

ということが再認識できました。

 

 

 

はい、ということで、若者よ!

老人パワー(失礼!)に負けるな!!

 

 

プレゼントのご応募は、

まだまだ受け付けていますよ。

そしてアンケートにもバッチリお答えください。

 

 

もちろん、小娘の(いいわぁ、この響き!)

メルマガをこれからも読んでやるぜ!

 

そう思っていらっしゃる

ちょっとお年を召された方々も

奮ってご応募ください。

 

 

 

 

 

プレゼントのお申し込みはコチラから。

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: