オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

人の心情を思い、それに従った行動をする

読了までの目安時間:約 8分

 

【加南本舗 Vol.702】

 

 

 

 

 

 

 

休日の今日、ゆっくりお休みになられましたか?

 

あなたがステキな時間をお過ごしだったら嬉しいです。

 

 

 

では明日からの新たな一週間の始まりに、

 

今夜は『事実は事実であっても』のお話を……

 

 

 

 

>> 時と場合によってはそのまま見逃す <<

 

 

 

 

 

「見たことしか信じない」

 

 

私はそう言って公正さを、

誇示していた時期がありました。

 

 

でも「見たこと」ってなんでしょう。

 

それは傲慢さ以外の、

なにものでもないような気もするのです。

 

 

世の中には歪められた真実なんて、

ごまんとあるのに・・・

 

 

 

 

 

 

では、こんな場合、

 

見てはいけない場面を

偶然、見てしまう、

ってことがありますよね。

 

 

 

 

 

 

たとえば、お隣の奥さんが、

他の男性と仲睦まじい様子で

お茶している姿とか。

 

 

ただの仕事の打ち合わせかもしれないし、

親戚の人かもしれない。

 

 

そう思い直してみても、

もしかしたら・・・なんて気になること。

 

 

 

 

 

 

この場合、その女性のダンナさんに

告げることはしなくとも、

 

 

家族や親しい友人くらいになら、

その事実について話したい、

という誘惑にかられるかもしれません。

 

 

 

事実なんだから言っても構わないと、

自分の思いを正当化したり、

正義の味方気取りであるかもしれません。

 

 

 

 

 

しかし、他人の秘密や、

この場合は秘密になるのか

真相もわからぬまま、

 

 

過失などを告げ口するのは、

野次馬根性でしかありません。

 

 

 

犯罪などに関したこと、あるいは、

自分の考察に間違いがない限り、

 

 

本人の気持ちになって、

黙っているのが一番です。

 

 

 

 

 

 

長い人生には、過失もあれば、

間違いもあります。

 

 

たとえ相手が嘘を言っていると

わかっていても、

 

 

それをいちいち指摘しないで、

 

時と場合によっては、

そのまま見逃すのが、

 

正しい対処の仕方なのです。

 

 

 

人の心情を思い、

それに従った行動をすることに重きをおく。

興味本位の言動はしない。

 

 

 

 

 

『見てはいけないものを見た』と思ったら、

それは『見てはいけなかった』のです。

 

 

 

また、相手を窮地から救おうとして、

下手に小細工もすべきではありません。

 

 

『見なかった』のですから、

『何の対応もしない』

という姿勢を貫くべきなのです。

 

 

 

 

 

 

浮気(?)現場というのは

そう遭遇することはないとしても、

 

 

出社時間に遅れて、

苦し紛れの遅刻の言い訳が見え透いていても、

 

見逃してもらったということはありませんか?

 

 

それは言い訳とわかっていても、

『時には黙認する』気配りをされたからです。

 

 

 

見逃せる程度のことならやり過ごした方が、

業務がスムーズにいくという判断で、

 

 

今回だけは大目にみてあげよう

という気持ちのこもった、

いわば大人のやり方をされたのです。

 

 

 

どんな場合においても、

相手の立場を考えることができる、

 

心のゆとりを大切にしたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新幹線の女性専用トイレで、

表示が「使用中」になっていなかったので

開けてみたら中に子供、男の子が・・・

 

 

んー、これってどうなの?

近くにいた女性がお母さんなのか、

その人も何も言わないし、

 

男の子には「なんで開けるんだよ!」

みたいな目で見られるし、

 

 

 

見てはいけないものを、

見てしまった私が悪いのでしょうか・・・

 

だって女性専用だし、

しかもカギも掛けてないし・・・

 

あ~、往生際が悪い(笑)

 

 

 

 

 

 

これは見なかったふりをせず、

じーっくりご覧になってください。

 

 

きっとあなたの力強い味方に、

なってくれるはずです。

 

 

ここをクリックしてご覧ください。

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: