オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

対等な関係の下で行う自己主張【アサーティブ】

読了までの目安時間:約 8分

 

【加南本舗 Vol.695】

 

 

 

 

 

 

 

休日の今日、ゆっくりお休みになられましたか?

 

あなたがステキな時間をお過ごしだったら嬉しいです。

 

 

 

 

三連休中日、

まだまだお休みモードかもしれませんが、

明日は月曜日、新たな一週間の始まりということで、

 

 

 

今夜は『人を見抜くセンス』のお話を……

 

 

 

 

 

>> 時間の「喪失」を考える <<

 

 

 

 

 

 

人生において、

上質な時間や人を選択するときには、

 

 

 

『依存』の壁を取り払い、

相手の本質を見抜いていくことに、

常に敏感であることが要求されます。

 

 

 

 

 

 

 

仕事の依頼の相談があると言われ、

一緒に食事をしたら、

 

 

 

ただ食事をするだけで終わり、

肝心の仕事に関しては何の進展もなかった。

 

 

男性にスケベな下心があり、

女性は何とか仕事だけはゲットしたい。

 

 

そんな光景を想像されたかもしれません。

 

 

 

逆もまた然りで、

こういう話は男女を問わず、

あるある的な話ではないでしょうか。

 

 

 

 

そもそも、本当に力があって賢い人たちは、

相手に対して確実に約束出来ることでなければ、

一切口にしません。

 

 

 

 

 

 

『人との縁を切る』と言うと、

何だか物騒な話のような気もしますが、

 

 

 

世の中には「自分の甘さ」さえ正せば、

なんとか付き合わなくて済む人たちもいます。

 

 

 

 

縁を切ることを、

イコール「喪失」だと考えてしまうと、

 

 

 

グダグダと付き合っている時間そのものが

「喪失」になってしまうことに気づけません。

 

 

 

 

 

 

仕事も人間関係も、

基本的には『Win-Win』の考え方がなければ、

発展することは困難なのです。

 

 

 

 

だからといって人を疑いすぎて、

自分が出来ることを出し惜しみしていては、

チャンスを逃してしまうことがあります。

 

 

 

もちろん縁の切り方も大切で、

何も喧嘩腰になる必要もないのです。

 

 

 

 

 

 

近年、アメリカでは、

【アサーティブ】なタイプになることを

目指す運動が盛んになっています。

 

 

 

 

アサーティブとは、

『対等な関係の下で行う自己主張』で、

 

 

 

理性的で分別ある大人の態度で、

言うべきこと、主張すべきことは、

 

 

しっかりと相手に伝えるという考えが、

ベースになっています。

 

 

 

 

 

 

侮辱的な言動にさらされたりした時には

ただ興奮して立ち向かったり、

あるいは黙って耐えるのではなく、

 

 

 

「そういう侮辱はやめてください」と、

冷静に落ち着いて相手に正していく

ということです。

 

 

 

 

 

 

前出の例で言えば、

 

 

「仕事のお話でしたら、

まずオフィスにうかがってお話を

聞かせていただいてよろしいでしょうか?」

 

 

などと言えば、スマートです。

 

 

 

 

 

 

「ここまでは大丈夫」というラインを

自分の頭の中で引いておくことや、

 

 

 

時には人との縁を切ることも恐れない、

『人を見抜くセンス』を日々磨くことも、

 

 

 

デキる人になるためには、

必要なことではないでしょうか。

 

 

 

 

 

伸びきってしまったゴムのような

何の反応もない人脈は、

 

 

ただのコレクションでしかないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とは言っても、

『ビジネスは人脈だよ!』

 

 

それも正論ですね。

 

 

 

 

では、こんなふうに、

 

 

 

『人脈』を利用して顧客を増やすなんて、

マナー違反でしょうか?・・・

 

 

 

確認してみる

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

  1. ハルナ より:

    加南さん

    こんばんは、ハルナです^^

    うちはすぐに人を信じてしまうんですよね。
    だから過去に何度もリアルで騙されたり、
    悲しい思いをしたこともあります。

    ネットではより一層、
    『人を見抜くセンス』が、大切ですよね!

    ゴムの例えもわかりやすかったです!
    見切りも大切ですよね^^

    考えさせられる内容でした!

    ありがとうございます^^

    またお邪魔させていただきます☆
    応援完了です♪

    ハルナ

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: