オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

無料プレゼント

みすみす小さな効果を選んでいませんか!?

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.1114 】

 

 

 

 

 

 

 

先日「もち麦」を少量混ぜたご飯で

ダイエットができるとテレビで

放送していました。

 

 

その途端、ネットで「もち麦」が

売れ切れ続出の入荷待ちになりました。

 

詳しいのは、

私も予約注文したからです(笑)

 

 

 

 

 

テレビでダイエットに効くと

放送されれば、

 

 

品切れになるのはネットだけでなく、

スーパーでも同じ現象が起きます。

 

 

食事制限がなかったり、

運動もしなくてよかったりすると、

 

 

みんなその魔法の商品に

飛びつきます。それがラクだから。

 

 

 

しかし、その商品にも

すぐに飽きてしまいます。

 

 

 

そもそもダイエットを

しようとする人は、

だいたいが運動を選びます。

 

 

 

ジョギングをしたり、

ダンベルを使って

脂肪を筋肉に変えようとします。

 

 

 

ところが運動で痩せようとすると、

ものすごく大変な運動量になります。

 

 

 

痩せるために

もっとも効果があるのは

食事制限で、高カロリーになる

 

 

美味しいものを食べなければ、

痩せることができるのです。

 

 

 

しかし、大半の人は

美味しいものを我慢してまで

痩せたいわけではないのです。

 

 

だから効果は小さいけれど、

ラクな方法を選んでしまうのです。

 

 

 

おまけにラクな方を選んだことを

認めようとはしません。

 

 

あくまで必死にやっていると、

頑張っている自分をアピールして、

 

 

自分自身に『思考停止』という

状態を作り上げていきます。

 

 

 

『やるべきことは他にある』

 

ということを

気づかないふりをするために・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネットビジネスの作業も同じです。

 

頑張っている自分に、

酔っているだけではありませんか?

そのやり方は正しいのでしょうか?

 

 

 

失敗の数だけ

あなたは成功する方法に

近づいているのです。

 

 

 

何も恐れることはありません。

 

やり直して、

また始めればいいのです。

 

 

 

あなたが、

『やるべきことは他にある』

かもしれません・・・

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

【新刊】『ドラッカーに学ぶ「ニッチ戦略」の教科書』

読了までの目安時間:約 3分

 

 

 

『ドラッカーに学ぶ「ニッチ戦略」の教科書』

 

著者:藤屋伸二

 

 

 

 

あなたはいつも、事業戦略を
どんな本を参考にしながら
作っていますか?

 

 

そこでできあがる戦略は
同業者の動きや「競争」を
どこまで予測できていますか?

 

 

従業員のモチベーションの浮き沈みは、
どの程度考慮されていますか?

 

 

業務がシンプルで簡単になるよう
どんな強みに集中していますか?

 

 

 

 

この度、あなたに
この時期オススメの新刊本を
ご紹介したいと思います。

 

 

 

もしあなたが2017年、

社員のモチベーションなんて
関係なくて、

 

同業者のことや競合のことを
気にする必要もなくて、

 

 

シンプルで簡単、
継続的に利益の出るという、

 

夢のような事業をつくりたいと
思っていらっしゃるなら、
チェックしてみてください。

 

 

 

マネジメント研究の第一人者、
あの『ピーター・ドラッカー』
が教えてくれます。

 

 

 

『ドラッカーに学ぶ「ニッチ戦略」の教科書』

 

著者:藤屋伸二

 

 

 

販売条件:90日間返金保証
送  料:無料

 

 

オススメ書籍    コメント:0

もっとも簡単な『譲歩』はその願いを叶えること

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.1113 】

 

 

 

 

 

 

 

説得力を高めるには

相手が「イエス」と答えるような

質問をすることが大切です。

 

 

 

たとえば、語尾を「~ですね」

という形にして話しかけると、

 

 

「イエス」という答えが

返ってきやすく、話を肯定的に

聞いてもらえやすくなります。

 

 

 

そして相手が聞く耳を持たない、

なかなか手ごわい場合、

 

 

それを「武装解除」させるためには

相手が予期しているであろう反応と、

まったく逆の反応をすることです。

 

 

と言っても難しいことを

するわけではありません。

 

 

 

あなたがすべきは、

相手に歩み寄り、話に耳を傾け、

理解を示し、相づちを打つことです。

 

 

そしてはそれはあなたが、

相手にしてほしいと

 

思っていること、その力学を

うまく応用することなのです。

 

 

 

 

たとえば

自分の話を聞いてほしければ、

まず自分が相手の話を聞く。

 

自分の提案を認めさせたかったら、

まず自分が相手の提案を認める。

 

自分の考えに賛成してほしかったら、

相手の考えに賛成することから

始めなくてはならないのです。

 

 

 

 

なかでも、他人の話に

きちんと耳を傾けることは、

 

もっとも簡単な『譲歩』です。

 

 

 

人は誰しも他人に理解されたい

と思っています。

 

 

だからその願いを

叶えてあげることで、交渉を円滑に

進めることができるのです。

 

 

 

そして人は自分の憤りや苦しみを、

言葉に変えて発散することで

満足感を得ようとします。

 

 

だから有能な交渉者はみな、

自分が話す何十倍も

相手の言うことを聞いているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では情報発信する側の

私たちはどうすればいいのでしょうか?

 

 

 

一方的に自分の話したいことだけを

話していませんか?

 

 

 

今日はこんなことを話してやろうと

得意気にメルマガを綴ったとしても、

 

残念ながら誰も読んではくれません。

 

 

 

耳を傾けてください。

情報発信するというのは

一方的に話すことではないのです。

 

 

 

読者さんが求めていることを、

知りたがっていることを、

 

先回りして

文字にすることができたとき、

 

 

はじめて読んでもらえて

聞いてもらえたことになるのです。

 

 

 

直接には見えない相手が、

あなたの毎日の交渉相手なのです。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

今のあなたが取り入れるべきプロセス

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.1112 】

 

 

 

 

 

 

 

渋滞を避けるために

通り抜ける道の

 

急なカーブの手前にある

床屋さんは、

 

 

自分のお店もカーブも

通り過ぎたあとで、

簡素な手作りの看板を出しています。

 

 

『スピードは控えめに、

サンパツは早めにネ!』

 

 

そのおかげか

どうかわかりませんが、

 

そのカーブでの事故を

見たことがありません・・・

 

 

 

 

まさに、

『注意一秒、怪我一生』

 

 

交通事故の多くが

この不注意により発生します。

 

 

危険を察知し、考えていれば、

人生を棒に振ることはありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これと同じことは

仕事においても言えます。

 

 

『考える』ことは数秒です。

 

その数秒を惜しんで

せっかくのチャンスを

みすみす逃してしまう・・・

 

 

『考える』ということを

放棄してしまった結果です。

 

 

 

 

『考える』ことができれば、

間違いなく成果は上がります。

 

 

 

その考えもマニュアル通りでは、

あなたの考えた答えではありません。

 

 

それなりの結果は出せても、

それから先は伸びていけません。

 

 

マニュアルが永遠に正しい、

世間に受け入れられるとは

限らないのです。

 

 

 

今日と同じ日はないように、

時代は大きく変化しています。

 

 

とくにインターネットの世界は

その変化が著しいのです。

 

 

 

だからこそ

あなたの時間のうち数秒間でも、

 

 

『考える』ことに使うことが

大切なのです。

 

 

 

「考えない」ことによって

大切なものを失ったり、

 

 

自身がひどい目に遭ったりする

ケースは少なくありません。

 

 

 

 

 

ビジネスの理想的な形というのは、

最終的には自分が動かなくても

結果が出る仕組みを作ることです。

 

 

 

だからそのために、

今はたくさん考えてください。

 

 

 

未来には、自分が楽をして

安全に、そして安心して

成果を出せるように、

 

 

今のあなたに

『考える』プロセスを取り入れ、

それを習慣化してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大切なのは

実際に『考える』こと、

そして『行動する』ことです。

 

 

自分で考え、自力でビジネスを

展開していける力をつけて、

 

 

そのことをきっかけにして

人生を豊かにしていく・・・

 

 

あなたの夢を叶える場所です。

 

 

扉をクリックしてお進みください。

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

毎日のストーリー、意識していますか?

読了までの目安時間:約 4分

 

【 加南本舗 Vol.1111 】

 

 

 

 

 

 

 

せっかく何かをやろうと決めても、

言い訳ばかりを探して

なかなか重い腰が上がらない・・・

 

ということはないでしょうか。

 

 

 

それはうまくいかなかったり、

悪い結果になることばかりが

頭に浮かんでしまい、

 

結果に対して自分が傷つくのを

恐れている場合があるからです。

 

 

 

そのうえ、情報が多い現代では

実際に行動を起こさなくても、

 

 

さまざまな情報サイトや

ユーザーレビューから、

結果がわかってしまいます。

 

 

 

そして自分では試していないのに、

「やったつもり」「行ったつもり」

などになってしまっているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、達成するのに

高すぎる目標やゴールであれば、

 

 

『考える力』というものが

わいてきません。

 

 

 

それは達成するための

『ストーリー』が生まれない

ということです。

 

 

 

うまくいかないことが起きれば、

「どうやって目標を達成するか」

方法を考えます。

 

それがストーリーです。

 

 

 

 

やらない理由を探すだけでは

ストーリーとしての展開がなく、

 

 

結果的には

何も実行したことにはなりません。

 

人は行動しなければ成長しないのです。

 

 

 

リスクを恐れて行動しないでいるよりも、

早いうちに何らかの結果を出しておく方が

 

 

トータルのリスクを考えると

少なくてすみます。

 

 

 

早めに動き出すということは

仮に失敗したとしても、

 

 

次の手を打つ時間が

たっぷりと残されている

ことでもあるのです。

 

 

 

 

 

目の前で起きることは

すべてが『チャンス』です。

 

 

アクシデントが起きたとしても

ピンチはチャンスなのです。

 

 

すぐさまそれをストーリーとして

取り入れてみてください。

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0