オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

無料プレゼント

挫折は繰り返せば繰り返すほど・・・

読了までの目安時間:約 4分

 

【 加南本舗 Vol.1238 】

 

 

 

 

 

 

 

あなたはこの人が、

誰だかわかりますか?

 

 

 

22歳、ビジネスに失敗。

23歳、地方議員選挙落選。

24歳、再度ビジネスに失敗。

 

26歳、最愛の恋人が死去。

27歳、神経衰弱の病にかかる。

34歳、39歳、連続して

下院議員選挙に落選。

 

46歳、上院議員選挙落選。

47歳、副大統領選挙に敗れる。

49歳、再び上院議員選挙落選。

 

 

 

失敗や落選といった事柄が

これでもかと並んでいる人生を

歩んできたのは、

 

 

のちに第16代アメリカ合衆国

大統領となる

 

エブラハム・リンカーンです。

 

 

 

この話を聞くと

「もうダメだ」と思えるような挫折も、

 

 

たいしたことのないように

思えてきますよね。

 

 

 

 

 

 

 

実際、挫折は繰り返せば

繰り返すほど、力がつきます。

 

 

そしてその経験が自信につながり、

後に大きな財産となるのです。

 

 

 

もし、あなたが何かにつまずいたとき、

 

逆境をバネにして夢を叶えた

歴史上の偉人を思い浮かべて

みてください。

 

 

 

それではピンとこなければ、

 

あなたの周りにいる人や

自分が目標としている人を思い浮かべ、

 

 

『あの人ならどうするかな?』

と考えてみることです。

 

 

 

不思議と心が落ち着いて、

 

あなたにピッタリの答えが

見つかるかもしれません。

 

 

 

そして、幸せや不幸は

その状況でなく、

 

 

その人の心が決めるということも

忘れないでいてください。

 

 

 

幸せは、

幸せだと思っている人の所へ

舞い降ります・・・

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

あなたにできることはたくさんあります!

読了までの目安時間:約 4分

 

【 加南本舗 Vol.1237 】

 

 

 

 

 

 

 

ビジネスをしていても、

生きていること自体も

 

 

お金、経験、ノウハウ、人脈など、

 

ついつい誰かからの助けを

期待していることは

ないでしょうか?

 

 

 

ネットビジネスで言えば、

 

塾にさえ入れば

稼がせてもらえる。

 

 

自分の努力は棚に上げて

そんなことを思ってしまう・・・

 

かつての私です。

 

 

 

 

 

アメリカ合衆国、ケネディ元大統領は

 

演説の中で

当時の国民にこう告げました。

 

 

 

「国から何かをしてもらうのではなく、

国に対して何ができるかを考えましょう」

 

 

 

この一言は他力本願の生き方を否定し、

 

自分の力で社会に貢献していくことの

大切さを説いています。

 

 

 

 

ハッとしたあなたは

そこから一歩踏み出してみてください。

 

 

 

何の力もないときこそ

自力で体当たりをしてみてください。

 

 

乾いたスポンジが水を吸収するように、

みるみる力でインプットすることが

できるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

成功者の共通点のひとつに、

 

人が欲しいものや

困っていることを見つけ、

 

 

それを解決することに

力を注ぐことがあります。

 

 

 

それは、ニーズはあるのに、

それに応える商品やサービスを

 

 

誰も提供していないことを

いち早く見つけ世に送り出すことです。

 

 

 

あなたにできることは

たくさんあります。

 

 

 

あなたのインプットしたことを

あなたらしい方法で

伝えてみてあげてください。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

ストレス解消というけれど、それは紛らわせているだけ!

読了までの目安時間:約 4分

 

【 加南本舗 Vol.1236 】

 

 

 

 

 

 

 

どんなに根が明るい人でも

仕事をしていれば、多かれ少なかれ、

 

ストレスというものを感じるはずです。

 

 

 

特に職場というのは

人間関係をはじめ、仕事の内容や

 

 

納期や締め切りに対する時間的な

ストレスといった、

 

 

いくつものストレスの「もと」が

潜んでいます。

 

 

 

そしてそれらを解消するのは

人それぞれで、

 

 

お酒で発散してみたり、

スポーツで汗を流すなどと

千差万別です。

 

 

 

しかし、残念ながら、

これらの方法は真の意味での

ストレス解消にはならず、

 

 

単にストレスを別のもので

紛らわせているだけなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

したがって、

紛らわせているだけのストレスは

自分の中に残っていることになります。

 

 

 

そしてこれが膨らんでくると、

さらに強いストレスを感じる

 

ということを繰り返すことに

なってしまうのです。

 

 

 

だとすれば、

ストレスを真の意味で解消できるのは

そのものが発生した場所だと言えます。

 

 

 

病であれば、

その根本的な原因を探り治療し、

完治を目指します。

 

 

 

それと同じように、

仕事で生じたストレスは、

 

 

仕事そのものへの取り組み方の

改善などで解決するしかないのです。

 

 

 

もちろん、なかには

自分ひとりでは改善できないことも

あるでしょうが、

 

 

やり方や意識を変えるだけで、

ずいぶん変わってくるものも

あるはずです。

 

 

 

ストレスという便利な言葉に

何でも片付けずに、

 

 

仕事のストレスは

職場以外持ち出さない

 

ということを

心がけてみてはいかがでしょう。

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

あなたの強みや才能を活かしたビジネスを選べば勝てる!

読了までの目安時間:約 6分

 

 

200万人のマーケッターが読んだ、

2980円の書籍が【無料】

 

なぜ私たち起業家は、

いつも自分の才能を潰してしまうのか?

 

強みと才能を活かした、

楽に勝てるビジネスの秘訣を公開

 

 

 インターネットビジネス『マニフェスト』

 

 

 

 

 

ビジネスのスタートで

もっとも大事なはじめの一歩は、

 

 

あなたが『楽勝できるゲーム』

を選ぶことです。

 

 

 

 

ビジネスには無数のゲームがあり、

 

あなたが楽勝できるゲームが

たくさんあるにもかかわらず、

 

 

なぜ、難しいゲームを

わざわざ選ぶのでしょうか?

 

 

 

やることが多すぎてパンクして

起業家が混乱してしまうのは、

 

間違ったビジネスを選択しているからです。

 

 

 

 

彼らは自分がその商品が好きだから、

あるいは儲かりそうで

 

興味をそそるからという

理由でビジネスを選択します。

 

 

 

彼らはそこに生まれながらの

才能を持っていて、

 

 

それを強みにすることができるから

ビジネスを選ぶのではなく、

 

 

 

単にその商品が好きだとか、

興味があるという理由で

ビジネスを選んでしまっています。

 

 

 

 

興味は趣味に過ぎませんが、

強みや才能は競争優位になります。

 

 

 

勝つために最も大事なことは、

 

あなたの強みや才能を活かした

ビジネスを選ぶこと、

 

 

または、その強みや才能が活きるよう、

ゲームのルールを変えることなのです。

 

 

 

 

 

もし、あなたの強みや才能を活かした

『楽勝できる』ビジネスを選べば、

 

 

 

最小の労力で

最大の成果が得られるようになる、

だけでなく、

 

 

苦手なことや嫌いなことを

ほとんどしなくてよくなります。

(誰かほかの人がやってくれます)

 

 

優秀な人材があなたの協力者として

集まってきます。

 

 

 

 

そして何より、

毎朝、仕事をしたくて飛び起きる。

 

 

朝、そんな気持ちで目覚めたことって

ありますか!?

 

 

 

そんなワクワクする

情熱ある毎日を過ごすことができるのです。

 

 

 

 

夢みたい!

いえ、夢ではありませんよ!

 

 

 

では、どうすればそれができるのか?

 

 

 

 

その答えは、

どんなマーケティング・ノウハウ

にも書かれていません。

 

 

なぜなら、答えは

『あなた自身の中にある』からです。

 

 

 

 

まさにこのインターネットビジネス

『マニフェスト』は、

 

あなたからそれを引き出してくれます。

 

 

 

今すぐ、この本からその答えを見つけ、

楽勝できるビジネスを

正しくスタートしてください。

 

 

 

インターネットビジネス『マニフェスト』

 

 

※送料手数料550円のみ

ご負担くださいませ。

 

 

 

オススメ書籍    コメント:1

間違を認めないという間違い

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.1234 】

 

 

 

 

 

 

 

人は必ず間違いを犯します。

 

 

間違いにさらに間違いを重ね、

間違いを犯し続けてしまう

ことだってあります。

 

 

 

なかでも一番犯しやすい間違いが、

間違を認めないという間違いです。

 

 

小さなミスでも、

決して認めたがらない・・・

 

 

そんなことはないでしょうか?

 

 

 

日常のささいなことに対しても

サッと「ごめん」「失礼」と言えば、

お互い気持ちよくなれるはずです。

 

 

 

なのに変なプライドが邪魔をして、

これでは人間関係にも

支障を来たしてしまうでしょう。

 

 

 

 

仕事上のミスも同じです。

間違えたら謙虚に認めましょう。

 

 

 

間違えが事実であれば、

まず認めることです。

 

 

言い訳の機会が与えられたら

そこで説明すればいいのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

間違いを認めるという勇気を

大切にしてください。

 

 

そうすることで

間違いという過ちを

重ねなくてもすむのです。

 

 

 

 

人間は完璧ではありません。

必ずどこかで間違えるでしょう。

 

 

気がついたら、指摘されたら、

すぐに認める謙虚さや、素直さが

 

 

ビジネスでも長期的に成功できる

要因になります。

 

 

 

 

そしてそのことで

心にダメージを受けても、

 

 

その思いは自分自身が

作り出しているものに過ぎないと

自覚することです。

 

 

 

「この感情は自分自身が

作り出しているものだ」と

 

 

考えることができると、

それだけで気持ちは軽くなっていきます。

 

 

 

 

そして「そんなに落ち込むほどの

ことではない」という客観的な事実が

浮かび上がってくれば、

 

気持ちは徐々に落ち着いてきます。

 

 

 

心に浮かび上がってくる感情を

そのまま放っておくと、

マイナスの感情があふれ出して

 

 

 

最初は少し落ち込んでいただけのものが

いつの間にか大きな心の傷にまで

発展しかねません。

 

 

 

それを防ぐためには

早い段階で自分を冷静に見つめる機会を

持つことが大切です。

 

 

 

それがミスを謙虚に受け止め、

同じ間違えをしないという思いへの、

きっかけにもなるのです。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1